スポンサーリンク

AEWの6月・7月の興行はPPVではない? / AEW旗揚げ興行のPPV購入者数、WWEと比較すると……

ニュース

ニュースをまとめて紹介。

AEWの6月・7月の興行はPPVではない?

5月25日に旗揚げ興行”Double or Nothing”を開催したAEW。2週間がたった今でもこの興行について語り合うファンは多いので、イベントは大成功だったといえるでしょう。今後、AEWは10月に始まると噂されているウィークリー番組の放送開始までの間に3つの興行を開催します。

  1. Fyter Fest(6月29日)
  2. Fight For The Fallen(7月13日)
  3. ALL OUT(8月31日)

ALL OUTはAEWの前身となった伝説の興行”ALL IN”の第二弾として計画されていた興行です。

レスリング・オブザーバーによれば、ALL OUT以外の2興行は一般的なPPVではないだろう、とのこと。おそらく視聴方法はB/R Live(日本からは利用不可能)になるだろう、とコメントしています。iPPV(FITE TVなど)になる可能性もあるそうですが、はっきりしたことはわかっていません。

FITE TVはALL INも放送したので、非PPVの小〜中規模の興行も放送しそうな気はします。いずれにせよ、値段は”Double or Nothing”よりも安くなりそうです。

(参考: Wrestling Rumors

AEW旗揚げ興行のPPV購入者数、WWEと比較すると……

“Double or Nothing”は世界中のプロレスファンが視聴しました。PPVの購入者数はどれくらいだったのでしょうか?

レスリング・オブザーバーによれば、アメリカ国内での購入者は約71000人、全世界を合わせると98000人から113000人とのことです。ただし、違法なライブ配信なども多数配信されていたため、正確な数字はわかりません。

さて、競争相手となるWWEはというと……。5月のPPV”Money In The Bank”のPPV購入者は約15700人、年間最大興行”Wrestle Mania35″は約64100人。”Double or Nothing”のほうが多いのです。ただし、WWEのPPVは月額ストリーミングサービス”WWE Network”でも視聴可能なため、実際の視聴者数はわかりません。”WWE Network”の登録者数は2019年2月時点で150万人を超えています。

(Wrestling Observer Newsletter)

あわせて読みたい

マイケル・エルガンが語るジョン・モクスリーのIWGP US王座獲得
4月に新日本プロレスを退団し、以降はインパクト・レスリングを主戦場にしているマイケル・エルガン。かつての本隊の外国人エースが、WWEのクリエイティブ面に不満を抱いて退団し、AEWと契約する傍ら新日本に参戦してIWGP US王座を獲得したジョ...
"Attitude Era"を取り戻そうとしているWWE / 10月以降のAEWのスケジュールとIWGP US王座
ニュースをまとめて紹介。 "Attitude Era"を取り戻そうとしているWWE ここのところ、あまりいい話を聞ないWWE。新興団体のAEWが旗揚げ興行を大成功させたり、WWEを退団したジョン・モクスリーが新日本プロレスでジュ...
ダスティン・ローデスが語るWWE退団までの経緯。「まるで監獄のようだった」 / 6月のマイク&マリア・ケネリスに注目せよ
ニュースをまとめて紹介。 6月のマイク&マリア・ケネリスに注目せよ 6月中にWWEとの契約が切れることを公言しているマイク&マリア・ケネリス。 WWEでは全く実績を残せていない2人なだけに、去就に注目が集まっていま...
タイトルとURLをコピーしました