スポンサーリンク

カーティス・アクセルがWWEとの再契約に合意。今後はプロデューサーとして活動

ニュース

2020年にWWEから解雇されたカーティス・アクセル。退団後はプロレスラーとして試合をすることがなかった彼ですが、先日放送されたRAWで久々にファンの前へ登場し、話題になりました。

最近、彼はアリーヤ・デバリと共にWWEのプロデューサーとしてのトライアウトを受けています。デバリは単独で試合のプロデュースを任されるようになるまで信頼を得たと報じられていましたが、アクセルの状況は報じられていませんでした。

しかし、彼の持つ能力をしっかりアピールできていたようです。レスリング・オブザーバーによれば、彼はWWEとの再契約に合意したとのこと。もちろんプロデューサーとしての契約です。今後はバックステージのスタッフとして団体を支えていくことになります。

なお、デバリとWWEのステータスは不明です。彼も契約を手にすることはできるでしょうか?

【WWE】アリーヤ・デバリがプロデューサーとしての道を順調に歩み始めたと報じられる
WWEにはマッチメイクを担当するプロデューサーが多数在籍しており、バックステージで番組制作を支えています。プロレス界での豊富な経験が求められる大変な仕事ですが、自分が手掛けた試合がPPVで大歓声を浴びるのは、プロデューサーとしてこの上ない幸...

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】MJFがAEW公式サイトのロースターページから削除される
Dynamite最新回で、トニー・カーン社長へのFワードや「解雇してくれ」発言など、凄まじい発言を連発して伝説級のプロモを生み出したMJF。 彼がAEWへ不満を持っているのは周知の事実で、元WWEスーパースターたちが高額のオフ...
【新日本プロレス】AEWとの「Forbidden Door」でオカダ・カズチカ VS ハングマン・ペイジが行われる、という誤った噂が流れる
2021年にケニー・オメガからAEW世界王座を奪取し、先日開催されたPPV「Double or Nothing」でCMパンクに敗れて王座を失ったハングマン・ペイジ。 虚実入り乱れたストーリーでファンを魅了し、熱狂的な支持を得て...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました