スポンサーリンク

AEW Darkに登場のアリーヤ・デバリ。WWEでプロデューサーとして働きながらの「掛け持ち」だったことが明らかに

ニュース

2021年6月にWWEから解雇されたアリーヤ・デバリは、2020年以降にWWEからリストラされた大勢のレスラーたちの中でも変わった「ポストWWEスーパースターのキャリア」を歩んでいます。

リストラ後、彼はインディシーンに復帰し、新日本プロレスのアメリカ大会やAEWのYoutube番組「Dark」などに出場。その実力を改めてファンに示しつつ、大きな夢を実現させるためにも動いていました。

2022年4月、彼はWWEに復帰し、プロデューサーとしてのトライアウトを開始します。最初のうちは先輩プロデューサーたちと一緒に試合を作っていた彼ですが、次第に単独での試合構築を任されるようになり、プロデューサーとしての道を順調に歩みだしていました。

【WWE】アリーヤ・デバリがプロデューサーとしての道を順調に歩み始めたと報じられる
WWEにはマッチメイクを担当するプロデューサーが多数在籍しており、バックステージで番組制作を支えています。プロレス界での豊富な経験が求められる大変な仕事ですが、自分が手掛けた試合がPPVで大歓声を浴びるのは、プロデューサーとしてこの上ない幸...

その一方で、彼は引き続きインディシーンに参戦し続け、NJPW STRONGではROHの元ヘッドブッカーだったデリリアスとシングルマッチを行うなど、注目を集めていました。先日、彼は3ヶ月ぶりにAEW Darkに出場し、ケイレブ・コンリーとのシングルマッチを制しました。

Fightfulによれば、彼は今もWWEのプロデューサーとして働いており、最近もRAWとSmackDownのバックステージで働いていたとのこと。まだプロデューサーとしての本契約を獲得したわけではありませんが、WWEで働いている人物がAEWのコンテンツで試合をするというのはなかなかにスリリングです。

現時点では彼にしか歩めない道を突き進んでいるようですし、このまま独特の立場を築いてほしいですね。WWEの正式なプロデューサーになった後もAEWに出ればいいじゃない!

Jack Gallagher vs. Ariya Daivari – "I Forfeit" Match: WWE 205 Live, Jan. 17, 2017

(Fightful, Clutaholic)

あわせて読みたい

【AEW】飲酒運転で逮捕のジェフ・ハーディーに代わり、ジョニー・"ハーディー"がAAA・Triplemaniaに出場!
現地6月13日に飲酒運転で逮捕されたジェフ・ハーディー。 通算5度目の逮捕はAEWに衝撃を与えました。トニー・カーン社長は「彼がアルコールに関する問題を克服できるまで」無給での謹慎処分にすると発表。また、DynamiteやRa...
【AEW】サンダー・ロサが久々に東京女子プロレスへ参戦。AEW女子王座チャンピオンとして山下実優と対戦
AEWは世界中のプロレス団体と友好関係を築いています。 日本では、AEWの源流となった新日本プロレス、そして副社長ケニー・オメガが育ったDDTグループとの交流が活発。新日本とは現地6月26日に合同興行「Forbidden Do...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました