スポンサーリンク

【WWE】トラクターを運転するブロック・レスナー VS ローマン・レインズの試合をプロデュースしたのは誰?

ニュース

PPV「SummerSlam」のメインイベントは規格外の試合でした。

ローマン・レインズとブロック・レスナーによるシングルマッチは、試合中にレスナーがトラクターを駆使して戦うという信じられない光景が繰り広げられるなど、大きな話題になりました。

Brock Lesnar lifts the ring with a tractor!: SummerSlam 2022 (WWE Network Exclusive)

WWEには多くのプロデューサーが在籍しており、1試合ごとに異なるプロデューサーが試合をデザインしています。この試合を作ったのは誰だったのでしょうか?

Fightfulによれば、プロデューサーはマイケル・ヘイズだったとのこと。ヘイズはPPVの目玉カードを任されることも多く、ジョン・モクスリーも彼を非常に評価していました。ごちゃごちゃの試合を任されるに相応しい存在だと言えるでしょう。

ジョン・モクスリーが「AEWのクリエイティブ」「WWEの優秀なプロデューサー」を語る
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約を結んだジョン・モクスリー。WWEとは異なるスタイルで番組制作を行っているAEWでの活動は快適なようです。 Fightfulのインタビューに応じたモクスリーは、AEWのクリ...

ちなみに、試合後にベイリー & ダコタ・カイ & イヨ・スカイ(紫雷イオ)が登場したRAW女子王座戦(ビアンカ・ブレア VS ベッキー・リンチ)は、試合後に3人が登場したシーンも含めてタイソン・キッドがプロデュースしたそうです。

【WWE】タイソン・キッドがコーチ兼プロデューサーとしての充実した日々を語る。「現役時代よりも素晴らしい」
WWEのタッグ王座を3度戴冠したタイソン・キッド。2015年に負った負傷が原因で現役を続行できなくなり、2017年からフルタイムのプロデューサーとして働いていて、現在はコーチも兼任しています。。 今年で4年目になるバックステー...
【WWE】退団の噂もあった紫雷イオがSummerSlamに登場。リングネームも「Iyo Sky」へ変更。脱ビンス、HHH時代の幕開けを象徴
まもなくWWEとの契約が満了するとされていた紫雷イオ。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、彼女はこれを機に日本へ帰る可能性が高いと報じていましたが、今日開催されたPPV「SummerSlam」にイオが登場したこと...

(Fightful, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】首の骨折で欠場中のビッグE。怪我の要因となったリッジ・ホランドについてどう考えているのか?
2022年3月に放送されたSmackDownの中で、リッジ・ホランドが場外で仕掛けたスープレックスを首で受けてしまい、首を骨折してしまったビッグE。 脳卒中や麻痺、そして死をギリギリのところで回避した彼の回復状況はまだまま道半...
【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがインパクト・レスリングと新日本の関係修復を喜ぶ
新日本プロレスとインパクト・レスリングの間には冷たい空気がありました。 TNA時代のインパクトに遠征し、冷遇されたオカダ・カズチカのことを新日本は忘れておらず、団体間に亀裂が入っていた時期が長く続いていたのです。 しかし...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました