スポンサーリンク

【AEW】ランス・アーチャーが「トップ・ガイになること」への意気込みを語る

インタビュー

AEW所属のランス・アーチャーは、2022年の新日本プロレス「G1 CLIMAX」に参戦して久々に日本のファンの前で戦いました。

タッグチームの相棒だったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本を退団したことでシングルプレイヤーとしてのチャンスを得た彼は、2019年のG1 CLIMAXで見事なパフォーマンスを見せ、下半期のプッシュをつかみ取ります。

2020年の東京ドーム大会「レッスルキングダム」でジョン・モクスリーを相手にIWGP USヘビー級王座戦に挑むという素晴らしい体験までした彼は、その後すぐにAEWへの移籍を決意。AEWでは怪物として重要な役割を担い、アメリカのファンにも強い衝撃を与えています。

【新日本プロレス】ランス・アーチャーが久々のG1 CLIMAX出場への意気込みを語る。「光栄だ。ぶっ飛ばしに行く準備はできてる」
2019年のランス・アーチャーは明らかにキャリアハイの一年を過ごしていました。 タッグパートナーだったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本を退団したことによりシングルプレイヤーとして売り出されるチャンスを得た彼は、この時の...

Podcast番組「Busted Open Radio」に出演した彼は、「ランス・アーチャーが団体のトップ・ガイになるためには何が必要か?」という質問に対し、次のように答えています。

このビジネスってのは他人の評価で決まるんだ。そういう仕事をどのようにこなしていけばいいのか?決定権を持つ誰かが、その瞬間、その選択と決断を下すことで、俺をトップ・ガイの位置に置くことになる…。

俺はこれまでに悪いポジションに就いたことはないし、時には素晴らしいポジションに就いたこともあった。ただ、トップ・ガイというポジションに就いたことはないんだよね。俺のキャリアが終わる前にそうなれればいいんだけど、誰かが「どうにでもなれ。ランスは今が全盛期だ。今こそそれを確かなものにするんだ。誰にも止められないぞ」って言い出すのも時間の問題だよ。

LANCE ARCHER MAKES HIS DESTRUCTIVE DEBUT | AEW DYNAMITE 4/1/20

(Fightful)

あわせて読みたい

日本でも人気のアレックス・ゼインはどこかの団体と契約を結んでいるのか?
新日本プロレス「Best Of The Super Junior」に参戦し、日本のファンからもおなじみの存在となったアレックス・ゼイン。 オースチン・エースとの友情を育む様子もSNSでよく話題になっていました。どんどん日本語が...
リオ・ラッシュがWWE復帰をほのめかすような投稿を繰り返していることが話題に
新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことによる経費削減のため、2020年にWWEから解雇されたリオ・ラッシュ。 インディシーンに復帰した後は新日本プロレスやAEWで活動していましたが、現在はフリーエージェントです。一時は肩...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました