スポンサーリンク

【AEW】CMパンクによる批判にヤング・バックス & ケニー・オメガが激怒。パンクはバックスにパンチ

ニュース

PPV「ALL OUT」でジョン・モクスリーを破ってAEW世界王座を獲得したCMパンク。

彼はショー終了後の記者会見の中でコルト・カバナと副社長たち(ヤング・バックスのマット・ジャクソン、ニック・ジャクソン & ケニー・オメガ)を徹底的に批判しました。「ワークだ」と見るファンもいる中、彼の発言に対するリアクションは人それぞれです。記者会見の後、AEWのバックステージでは何が起きていたのでしょうか?

【AEW】CMパンクが元親友コルト・カバナや副社長たちを徹底批判。「本当に腹が立つ。金儲けのために自分のチ○コを踏んでやがるんだ」
PPV「ALL OUT」でジョン・モクスリーを破り、AEW世界王座を取り戻したCMパンク。 試合後にはとても楽しみな展開を予想させるサプライズもありましたし、今後が楽しみです。しかし、彼は怒っています。自身に関する噂、そして団...

Fightfulによれば、パンクは非常に大きなヒートを買っている状態とのこと。バックスとケニーは激怒しており、彼ら以外のレスラーの中にもパンクへの怒りを隠せない人がいたそうです。3人はパンクの後で記者会見に出席する予定でしたが、パンクの発言により中止になったとされています。

パンクやトニー・カーン社長は否定していますが、バックステージでは「パンクの存在が影響してカバナはROHに配置転換された」という認識が広がっており、これがパンクへのヒートの根本的な原因になっています。パンクよりも1年早くAEWに入団したベテランのステータスに納得行っていないのでしょう。

また、DANZによれば、記者会見の後、パンクはバックスのどちらかにパンチしたのだそうです。レスラーたちが2人を引き離しましたが、状況は穏やかではありません。この行動に対して団体がどのような処分を下すかはわかりませんが、サミー・ゲバラと口論したエディ・キングストンには短期間の出場停止処分が下されました。

もともと、パンクはAEW設立のきっかけとなった伝説の自主興行「ALL IN」への登場も噂されていました。彼がAEWで復帰することは多くのファンが待ち望んでいたことです。しかし、バックステージでこのような問題を起こしてしまうとなると、事態は難しくなりそうですね。「デタラメな噂を流し、ファンから嫌われるように仕向けられた」という副社長たちへの不満を明かしたパンク。AEW世界王者チャンピオンとしての活動はどうなっていくのでしょうか?

The AEW World Champion CM Punk is Back! | AEW Dynamite: Quake by the Lake, 8/10/22

(Fightful, DAZN, Cultaholic)

あわせて読みたい

ブレイ・ワイアットが俳優フレディ・プリンゼ・ジュニアの新団体から熱心なオファーを受けたと報じられる
WWE復帰の可能性も噂されているブレイ・ワイアット。関係が著しく悪化していたビンス・マクマホンが引退した今、彼にとって復帰への障壁は以前よりも少なくなっているように感じられます。 2021年夏に彼がWWEから退団した後、AEW...
【AEW】マラカイ・ブラックが退団を示唆?引退の可能性も。プライベートに問題か
WWE・NXTで結果を残し、メインロースターとしては夢破れた選手たち。彼らのうち、アンドラーデやマラカイ・ブラックといった試合巧者のレスラーたちは新天地AEWでの活躍を誓い、契約に合意しました。 2021年夏に入団したブラック...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました