スポンサーリンク

【AEW】ヤング・バックスとWWEの噂は8月ごろから飛び交っていた。WWE内部でも話題に?

ニュース

先日、AEWの副社長ヤング・バックス(ニック&マット・ジャクソン)がWWE移籍について探りを入れたという噂が報じられ、話題になっています。

アンチWWE色の強い団体として設立されたAEWですが、副社長たち(バックス、コーディ・ローデス、ケニー・オメガ)の中で最もアンチWWE的思想が強かったとされるコーディが2022年4月にWWEへ復帰したことは、AEWでのステータスや過去の言動に関わらずWWEへ移籍する可能性はあるんだ、ということを改めて示しました。

もしかしたら、バックスもここに続くかも…?とはいえ、探りを入れるのはどの団体のレスラーも頻繁にやることで、他と比べて2人がWWEへ移籍する可能性が高いというわけではありません。

【AEW】ヤング・バックスがWWEへの移籍について探りを入れたと報じられる
CMパンクと大げんかし、出場停止処分が下されたヤング・バックス。 マット・ジャクソンとニック・ジャクソンはAEW旗揚げの中心人物で、団体の副社長も務めています。AEWに欠かせない存在ですが、同様の立場だったコーディ・ローデスは...

Fightfulによれば、バックスとWWEの噂は8月ごろから頻繁に飛び交うようになったそうです。彼らはWWE上層部と話したがっていたと語る関係者もいるとか。2人がWWE復帰を視野に入れていることはWWE関係者も把握しているとされています。

2人とAEWの契約は2024年初頭まで残っています。単に良いオファーを引き出すための材料を探しているだけなのかもしれませんが、気になる噂ですね。

The Young Bucks Go Sneaker Shopping With Complex

(Fightful, WrestlePurist)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコが「若い団体の成長痛」を語る。「1つや2つは間違いもある」
団体運営は簡単ではありません。 ロースターをどのようにマネジメントし、テレビ局などのパートナーの期待に応えるのか。勢いがあるように見えても、その裏で問題点を抱えながら前進せざるを得ないこともあるでしょう。 ここ最近、AE...
【AEW】クリス・ジェリコは副社長職に興味なし。「団体を助けるのに職位は必要ない」
AEW世界王座初代チャンピオン。AEW設立のきっかけの1つになったドリームマッチ「ケニー・オメガ VS クリス・ジェリコ(2018年の新日本プロレス「レッスルキングダム」)を戦ったスーパースター。クリス・ジェリコはAEWに欠かせない存在です...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました