スポンサーリンク

カリオン・クロスはなぜAEW入団ではなくWWE復帰を決断したのか?

ニュース

2021年にWWEから解雇されたカリオン・クロス。

NXTで確かな実績を残してメインロースターに昇格した彼は、団体の最高責任者だったビンス・マクマホンに翻弄され、まったく活躍することができませんでした。NXTに復帰することもなく解雇されてしまった彼は、この頃の苦悩をインタビューで度々明かしています。

【WWE】カリオン・クロスとスカーレットがWWEでの苦悩を語る。「2021年にこれはダメだろう」
カリオン・クロスにとって、2021年は複雑な一年になりました。 NXTではビッグスター。NXT王座のチャンピオンとして活躍する機会を得ました。しかし、メインロースターに昇格するとクリエイティブ・チームに翻弄され、賛否両論のリン...
2021年のカリオン・クロスへのブッキングについて、元上司のHHHは「失望していた」と報じられる
2020年にWWEと契約し、HHH率いるNXTで結果を残し続けたカリオン・クロス。 NXT王座のチャンピオンとして強い存在感を示していた彼はHHHから非常に高く評価されており、ファンからの期待も背負って2021年にメインロース...

しかし、彼はHHHがWWEのクリエイティブの責任者に就任したタイミングでWWEへ復帰。AEW移籍の噂もあり、彼自身も「おれはAEWにフィットすると思う」と語っていたものの、結局入団は実現しませんでした。

その理由は何だったのか?Mirror Sportによるインタビューの中で、彼はAEWではなくWWEを選んだ理由を明かしました。

AEWから提案されたアイデアはあったんだ。しかし、WWE復帰こそファンの望むことだ、ということは明らかだったからね。まあ、お世辞でそういう人は多いけどさ。

ファンが望む形で、HHHという上司のもとで活躍する彼の姿を見たい、と誰もが思っているはずです。

Karrion Kross explains why he is targeting Drew McIntyre: SmackDown, Sept. 30, 2022

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイが読書障害に苦しんでいることを明かす。「読み書きが全然ダメ」
プロレスラーは試合だけしていればいい仕事ではありません。 あらゆる場面で発言が求められ、キャラクターやストーリーに即した発言をする必要があります。リングの内側でも外側でもファンを盛り上げるのが一流のプロレスラーだと言えるでしょ...
問題児のテッサ・ブランチャード。現在は大学での学業に専念していることを明かす
非常に高いポテンシャルを持ちながらも、性格面の問題から現場の信頼を得ることができず、順調なキャリアを歩むことができなかったテッサ・ブランチャード。 女性レスラーとしてインパクト世界王座を獲得するという偉業を達成したこともありま...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました