スポンサーリンク

【AEW】ROH買収以降、テレビ番組への出場レスラー数が大幅に増加。これは何を意味しているのか?

ニュース

2022年3月、AEWのトニー・カーン社長がROHを買収してオーナーに就任しました。

これにより、ROHは事実上AEWの下部団体に。AEWのテレビ番組でROHのタイトルマッチが行われたり、ROHのPPVに向けたストーリーが展開されるようになりました。

買収による変化は、レスラーたちの起用にも影響を甘えているのかもしれません。Wrestlenomicsによれば、4月に開催されたROHのPPV「Supercard of Honor」以降、AEWのテレビ番組でに出場するレスラーの数がそれ以前と比べて増えているそうです。

Dynamiteは、4月以前の32エピソードに131名のレスラーが出場。4月以降の32エピソードでは147名が出場しています。また、Rampageは118名から145名へ増加しました。

このデータに対する見方は2つ。多くのレスラーが出場機会を得ることができた、というポジティブなものと、レスラーが多すぎて十分な出場機会を得られなくなっている、あるいはタイトルが多すぎて内容についていけない、というネガティブなものです。

AEW、ロースター数に対して週のテレビ番組の放送時間が短いと指摘されることの多い団体です。週3時間の放送枠、そしてビッグスターが多数在籍するという構造上、若手や中堅、ミッドカードのレスラーにスポットライトを当てられる時間は限られます。

ROH買収により、コンテンツの多様性は増しました。しかし、一刻も早いROHのウィークリー番組の放送開始が待たれます。

A New ROH World Champion is Crowned As Jericho Celebrates OCHOx | AEW Dynamite: Grand Slam, 9/21/22

(Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】コーディ・ローデスがAEW退団の理由についての噂を否定。「ファンのせいじゃない」
AEW設立メンバーの1人で、団体の副社長を務めていたコーディ・ローデス。 2022年に彼が退団し、古巣WWEへ移籍したのは衝撃的なニュースでした。Change The Worldを掲げるAEWにおいて、アンチWWEを最も強く打...
【WWE】ライブイベントでスカーレットに飲み物を投げつけたファンが退場に。警察も駆けつける
WWEは週末にライブイベントを開催しており、ファンは番組収録外でも選手たちの活躍を観戦することができます。 出場機会が増える分、選手たちにはグッズ収益というボーナスが期待できる反面、怪我やトラブルなどに見舞われる危険性も上がり...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました