スポンサーリンク

【WWE】マンディ・ローズ解雇の裏側が報じられる。タイトル剥奪はショーン・マイケルズの決断だった

ニュース

昨日、WWEはマンディ・ローズを解雇しました。

原因は、彼女がサブスクサイトで公開していた「きわどい」画像や動画。これらはWWEの基準を超えていると判断されてしまったようです。

【WWE】マンディ・ローズが解雇される。サブスクサイトで公開していた画像や動画が「過度にきわどい」のが原因か
今日、WWEはマンディ・ローズを解雇しました。 美人スーパースターとして知られる彼女は2015年にWWEでプロレスラーデビューを果たします。2021年10月から2022年12月13日、つまりつい先日までNXT女子王座を保持して...

彼女は解雇される直前までNXT女子王座を1年以上も長期保持していましたが、本来は2023年1月に予定されていたロクサーヌ・ペレスとのタイトルマッチが急遽NXTの通常会で行われることになり、彼女は試合に敗れました。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、彼女の解雇に関与したのはマット・ブルーム(ジャイアント・バーナード)とショーン・マイケルズ。NXTを率いる重要なスタッフです。

まず、ブルームが「ローズが際どいコンテンツを配信している」とマイケルズに伝え、その内容まで報告しました。そして、マイケルズがすぐに「彼女からタイトルを剥奪する必要がある!」と決断。番組内容を変更してタイトルマッチを組み、ローズは敗れました。

彼女の解雇について、SNS上ではWWEと女性パフォーマーの関係の歴史と絡めて批判する声があります。最近の例では、かつてエンバー・ムーン(現 AEWアテナ)がインタビューで語っていたように、女性選手たちはよりセクシーな衣装を着るように指示されていたことがあります。

エンバー・ムーンがWWEでの苦悩を語る。「みんなをマンディ・ローズ化する会議なんて、フェアじゃない」
高い身体能力を武器にWWEで活躍していたエンバー・ムーン。日本のプロレスファンにとっては、無敵だったNXT時代のアスカの好敵手としてお馴染みです。2人の試合は本当にハズレなしでした。 メインロースター昇格後に苦労した彼女はNX...

メイクアップアーティストのところに行って、「私は不幸だよ」と言ったのを覚えてる。「私たちがどのようにしてセクシーな衣装を着るか」がテーマのバカみたいなミーティングに出席する必要があったんだよね。

2時間のミーティングの中で、マンディ・ローズのような衣装を着ることについて話し合ったからといって、網目でセクシーさをアピールするショーツを履くわけにはいかないわけ。そんなのフェアじゃないでしょ。マンディは本当に素晴らしくて、フェノメナールな人だと思うけど、誰もが彼女のようにできるわけない。

WWEが収益化できない形での「セクシー」だったために、団体として彼女を解雇する決断に至ったのではないか、という指摘もあります。

メルツァーによれば、WWEは「この状況では、彼女を解雇すること以外に選択肢は存在しなかった」と考えているとか。かなり尾を引く解雇劇になりそうです。

Mandy Rose welcomes Jimmy Uso to her hotel room: SmackDown LIVE, Jan. 15, 2019

あわせて読みたい

【WWE】HHHが連れ戻した選手の中に「パフォーマンスの悪さ」が原因でHHHから「ひどくつまらない」と思われている選手がいると報じられる
2022年7月にHHHがクリエイティブの責任者に就任したWWEでは、ビンス・マクマホン時代に解雇され、HHHが高く評価していた選手たちが何人か復帰しました。 彼らは一定の役割を与えられているものの、その活躍ぶりはまちまちで、フ...
【WWE】ケビン・オーエンズから「ラストマッチ」提案されたショーン・マイケルズがアイデアに興味を持ったと報じられる
2022年のレッスルマニア38では、引退していたストーン・コールド・スティーブ・オースチンがケビン・オーエンズを相手に久々の試合に挑み、大きな話題になりました。 レジェンドのパフォーマンスは良く、2023年のレッスルマニア39...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました