スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長は新日本プロレスとWWEの協力についてどう考えているのか?

ニュース

近年のWWEが他団体と協力するのは珍しいことでしたが、今後はそうではなくなるかもしれません。

2022年のRoyal Rumbleには、インパクト・レスリングからミッキー・ジェームスが参加。そして、グレート・ムタとのドリームマッチの実現のため、中邑真輔がノアに参戦しました。団体内でも「他団体との禁断の扉」が開くことを望む声があります。

新日本プロレスの東京ドーム興行「レッスルキングダム17」では、カール・アンダーソンがNEVER無差別級王座の防衛戦に挑みます。WWEに所属しながら新日本のタイトルを持ち、レッスルキングダムにも参加する。彼は、今まででは考えられないことをやってのけています。

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがカール・アンダーソンのWWE復帰を語る。「俺がWWEと話をすることになった」
新日本プロレスのNEVER無差別級王座を保持しながらWWEへ復帰し、その後も両団体での活動を続けているカール・アンダーソン。 世界中のプロレスファンを驚かせた彼のWWE復帰は、当然新日本のオフィスを揺るがす事態に発展しました。...

新日本はいくつかの団体と業務提携をしていますが、その中でも特にAEWとの関係は注目されがちです。そんなAEWは、新日本とWWEのビジネスについてどう考えているのでしょうか?

Fightfulのインタビューに応じたトニー・カーン社長は、アンダーソンがレッスルキングダム17へ参加するという契約が成立した理由を「理解」し、起こっていることについて「クールだ」と考えている、と明かしました。

レッスルキングダム17にはAEWからケニー・オメガとFTRも参加するので、WWEとAEWのレスラーが同じイベントに出場するという、これまたレアな出来事が起きます。新しい時代が来ているな、という感じですね。

Karl Anderson on New Japan controversy: WWE After the Bell, Nov. 11, 2022

(Fightful, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガがDDT&ノアへの参戦に意欲を示す。「ノアで何かできたらクールだ」
DDTや新日本プロレスといった日本の団体での活動を通して世界に才能を見せつけ、 AEW設立の大きなピースになったケニー・オメガ。 彼の活動は上記3団体と強く結びついており、それぞれの団体で素晴らしいストーリーやライバルとの争い...
【新日本プロレス】ヤング・バックスは来日せず。当初の計画では試合も予定されていたが…
新日本プロレスのレッスルキングダム17で実現するケニー・オメガとウィル・オスプレイのドリームマッチ。 試合のクオリティが高くなることは間違いありませんが、ケニーにとっては普段とは違う戦い方になりそうです。 レスリング・オ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました