スポンサーリンク

WWEとライノの契約が切れる / NXTへの出戻りレスラーがまた一人現れる

ニュースをまとめて紹介。

WWEとライノの契約が切れる

77日に開催されたインパクト・レスリングのPPVSlammiversary”でマイケルエルガンを襲撃し、スピアーを食らわせた謎の覆面男。報道によれば、彼の正体はWWEのライノだそうです。

この時、ライノはWWEとの契約がまた残っていました。退団はすでに表明済みでしたが、あまりにもスリリングなアクションだったと言えるでしょう。

ライノとWWEの契約は717日まで。つまり、ライノはWWEとの契約を終えているということになります。エルガンとの抗争に入りそうなライノの今後に注目しましょう。

NXTへの出戻りレスラーがまた一人現れる

2016年に結成されたNXTの人気ユニット”SAnitY”。メインロースターに昇格したメンバーたちは活躍の場を与えられず、リーダーのアレキサンダー・ウルフがNXT UKに活躍の場を求めたことでユニットは正式に解散しました。

NXTの人気者がメインロースターの一員として結果を残せない、というケースは珍しくありません。2019年はこういったレスラーたちが大胆な動きを見せ、活動の場を求めています。NXT UKに移籍したウルフの他にも、タイ・デリンジャーはWWEを退団してAEWに移籍し、元タッグパートナーのCodyとの抗争に入る気配を見せています。また、タイラー・ブリーズはNXTに出戻りし、ヴェルヴェティーン・ドリームとPPVでタイトルマッチを行いました。

そしてもう一人、NXTに出戻ったレスラーが現れました。元”SAnitY”のキリアン・デインです。Arturo Ruasとの試合を終えたマット・リドルを襲撃し、カムバックを果たしたのです。

Killian Dain smashes Riddle through the entrance stage: WWE NXT, July 17, 2019

頑張ってほしい、としか言いようがありません。AEW創立を受けて、WWEは契約途中でのレスラーの退団を容認しない方針を固めたからです。たとえビンスに気に入られなくても、退団することは許されません。

あわせて読みたい

クリス・ジェリコ「AEWにCMパンクは必要ない」
2018年9月、AEWの前身となった伝説の興行"ALL IN"が開催されました。ヤング・バックスとCodyによる自主興行の目玉の一つとして噂されていたのは、2014年にプロレスラーを引退し、UFCファイターに転向していたCMパンクの復帰です...
ハーリー・レイスの入院についての声明が発表される。「彼はタオルを投げません」
プロレス界の伝説であるハーリー・レイスは現在入院中です。健康診断の結果により、入院することになりました。PWInsiderによれば、御年76歳のレイスは長年肺がんと戦っています。 レイスが立ち上げた団体"World L...
ジョン・モクスリーとAEWの契約内容は「ちょっと特殊」と報じられる。WWE退団時の詳細も明らかに
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約したジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)。彼は新日本プロレスにも参戦し、世界中のプロレスファンを喜ばせています。 モクスリーとAEWの契約内容について、Rajah....
タイトルとURLをコピーしました