スポンサーリンク

【WWE】ローマン・レインズの活動は徐々に減少し、「別のビッグネーム」でその穴を埋めていく…と報じられる

ニュース

WWEの顔として大活躍を続けるローマン・レインズ。

彼の存在は非常に大きなもので、今後もWWEの発展に大きく貢献していくことが予想されます。その一方で、ニック・カーンCEOはレインズに俳優転身のプランがあることを明かしており、将来的にはジョン・シナのようにWWEでの活動が制限されていく可能性も大きい…というのが現実です。また、レッスルマニア39以前の報道では、彼はレッスルマニア39の後で長期休暇を取るのではないか、という話もありました。

【WWE】ローマン・レインズに俳優転身のプランが。ニック・カーン社長「ビッグプランがある」
WWE出身のハリウッドスターは少なくありません。 ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンやバティスタ、ジョン・シナは現役のトップアクターですし、かつてはハルク・ホーガンやロディ・パイ...
【WWE】ローマン・レインズがレッスルマニア39終了後に長期休暇を取得するかも…と報じられる
WWEの統一王座を長期にわたって保持し、団体の顔として大活躍しているローマン・レインズ。 Bloodlineのストーリーは素晴らしい仕上がりで、ファンはレッスルマニア39で最高の光...

報道によれば、もし彼が長期的な欠場に入るとしても、タイトルを剥奪されることはない可能性が高いようです。また、一部では「レインズは今年中にWWEから去るのではないか」という噂も流れていますが、これは「ノーだが、徐々にスケジュールは減っていく」とのこと。

そして、レインズが抜けることで生じる「巨大な空白」については、「別のビッグネーム」で埋める計画がある、とのこと。クリエイティブの責任者であるHHHは、セス・ロリンズを「ナンバーワン・ガイ」として高く評価しているとされています。

団体のトップクラスのレスラーが人生の新しいチャプターに入ったり、活動が徐々に減っていくとなると、彼らに当てられていたスポットライトは別のところに当てられることになります。今後、WWEが誰をトップスターとしてプッシュしていくことになるのか、注目です。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【WWE】ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がうつ病との戦いを語る。「誰かに話す勇気を持つことは、あなたのスーパーパワー」
屈強な肉体の持ち主でも、心の問題が顕在化してしまえば、それとの戦いは過酷です。 元WWEスーパースターで、現在は大人気俳優としてハリウッドで活躍するドウェイン・ジョンソン(ザ・ロッ...
【WWE】ジョン・シナが『ワイルド・スピード』続編制作を疑問視する声に反論。「プロレスってフェイクだろ?と言ってるようなもの」
2023年5月19日、人気映画シリーズ『ワイルド・スピード』の最新作『ワイルド・スピード/ファイヤーブースト』が公開されます。 第1作が公開されたのは2001年。20年以上かけて遂...
タイトルとURLをコピーしました