スポンサーリンク

【WWE】AJスタイルズがWWEスーパースターとして働くことの極意を語る。「責任者が望むことを」

インタビュー

現在のWWEは、ビンス・マクマホンが最終決定権を持っているものの、クリエイティブの責任者はHHHが務めています。

2022年7月まで、ビンスの存在は絶対的なもので、彼が団体のクリエイティブのすべてを司っていました。ビンスが一時的に引退してHHHがクリエイティブを引き継いだ後はHHHの色が強くなり、2023年4月にビンスがリモートでの現場復帰を果たした後はビンス食も復活してきました。

しかし、AJスタイルズにとって、上司が変わることで「仕事へのマインド」が変わることはありません。Inside The Ropesによるインタビューの中で、彼はビンスとHHHによるクリエイティブについて次のように語りました。

(ビンスからHHHへのクリエイティブの代替わりについて)大きな変化があったとは思ってないんだよね。責任者がビンス・マクマホンであれHHHであれ、命令は彼らから来るわけだから、彼らが望むような働きを見せたいと思っているよ。

労働者としては当たり前の態度ですが、WWEという特殊な環境においては、誰が責任者になろうが絶対的な地位が揺らぐことのない彼だからこその発言とも言えそうです。

(ITR, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】クラーク・コナーズが柴田勝頼とLA道場を批判。「言うことを聞いていなければ、もっと早くスターになれたかも」
決意のBullet Club入りを果たしたクラーク・コナーズ。 2023年4月にBullet Clubへ新加入した彼は、ユニットの新リーダーであるデビッド・フィンレーがユニットに吹...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイが「AEWのイギリス大会All In参戦の噂」にコメント。「正直、わからない。本当なら感謝する」
AEWが8月にイギリスのサッカーの聖地ウェンブリー・スタジアムで開催するAll In。 ウェンブリー・スタジアムは収容人数9万人のビッグスタジアムで、1992年にWWEがSumme...
タイトルとURLをコピーしました