スポンサーリンク

ジャック・ペリーがAEWトニー・カーン社長と険悪な関係に?退団を求めるも受け入れられず、復帰計画もCMパンクWWE復帰でお蔵入りに

未分類

ジャック・ペリーとAEWのステータスについて、様々な噂が飛び交っています。

2023年8月、AEWのイギリス大会All Inに参加したペリーは、バックステージでCMパンクと大喧嘩。これが原因でパンクはAEWから解雇され、ペリーは出場停止処分を課されました。その後、ペリーは現在に至るまでAEWに復帰できておらず、現在は新日本プロレスへ参戦中です。

昨日、レスリング・オブザーバーは「ペリーはAEWトニー・カーン社長に対して謝罪を続け、許しを求めたりした。新日本でやっていることは、将来的にAEWへ復帰するためのストーリーだ」と報じましたが、後にこれを訂正しています。ペリー本人から物言いがあったようです。

オブザーバーが報じたペリーの主張によれば(つまり、オブザーバーはペリーに直接取材した上でこの報道を発表している)、All Inの後、彼のもとにトニーから2ヶ月間も連絡がなかったといいます。ペリーもトニーに対して謝罪せず、トニーの弁護士に対して「こちらから連絡することはない」と伝えていたとか。

両者は11月のPPV「Full Gear」の前に面談を設定し、12月にペリーがAEWに復帰する計画について話し合ったといいます。しかし、これはパンクが11月のSurvivor SeriesでWWEへ復帰したことでお蔵入りに。

その後、ペリーは新日本のレッスルキングダムに参戦することを希望しましたが、物流上の理由で叶わず。新日本プロレスの海外戦略に欠かせない存在で、AEWのフロントオフィスでも働いているロッキー・ロメロとトニーの協力を受けて2024年1月から新日本での活動をスタートさせたそうです。

現時点で、ペリーとAEWの契約は残っています。彼は退団を要求したそうですが、トニーはレスラーを契約途中で解雇しない方針を取っており、これを拒否。ここ数ヶ月、両者の間で会話はなく、ペリーが新日本でやっていることや、1月のアメリカ大会でAEWの契約書を破り捨てたこと、「スケープゴート」という言葉を使っていることについて、AEWから一切の許可を得ていないそうです。

ロッキーの協力を得たうえで新日本に参戦しているわけですから、ロッキーがAEW側に話を通しているのだとは思いますが、現在の活動についてトニーの承諾を一切得ていないのは驚きです。

トニーは、パンクの退団の原因になったペリーとの喧嘩について激怒しており、これがペリーのAEW復帰を阻んでいるという報道も最近ありましたが、今回のオブザーバーの報道にある「ペリーの復帰計画がパンクのWWE復帰によってお蔵入りになった」という内容はそれを裏付けているように感じます。

ジャック・ペリーはAEWから解雇されたのか?トニー・カーン社長が「CMパンクとの喧嘩」に激怒の噂
新日本プロレスに参戦中のジャック・ペリー。 AEWの若手4本柱の1人としてファンから愛され、将来性の高さに注目が集まっていた彼ですが、2023年8月のAEWイギリス大会All In...

トニーはペリーの新日本での活躍をチェックしており、4月の新日本「SAKURA GENESIS」ではタッグマッチでジョン・モクスリーとペリーが対戦します。復帰の道が完全に絶たれたわけではないでしょうし、トニーがペリーに対して今も激怒しているのであれば、SAKURA GENESISでのこのブッキングは認めなかったでしょう。ただ、復帰がいつになるかはまったくわからない状況です。

【AEW】トニー・カーン社長「ジャック・ペリーは新日本プロレスで素晴らしい仕事をしているね」
ジャック・ペリーがAEWへ復帰できない件について、最近注目が集まっています。 先日「トニー・カーン社長は、CMパンクの解雇につながったパンクとペリーの喧嘩について激怒している」とい...
【AEW】ジョン・モクスリーがテレビ番組から遠ざかっている理由は何なのか?
新日本プロレス「SAKURA GENESIS」で弟子の海野翔太とタッグを組み、成田蓮&ジャック・ペリーと対戦することが決まったジョン・モクスリー。 AEWでは毎週のように試合をこな...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ゴールドバーグ「WWEはJapanese girlに俺の連勝記録を破らせた。その子の名前も覚えていないよ」
プロレス界の連勝記録保持者といえば、ゴールドバーグとアスカです。 プロレス界最大のスターの1人だったゴールドバーグは、90年代に173連勝という前人未到の記録を打ち立て、長い間この...
【AEW】トニー・カーン社長「もしAEW殿堂を設けるなら、ブロディ・リーとスティングが最初の殿堂入りを果たすだろう」
WWEは、レッスルマニアを開催するタイミングでWWE殿堂に加わるメンバーを発表し、記念式典を催して彼らのキャリアやプロレス界への貢献を祝福しています。 「殿堂」を設けてレスラーたち...
タイトルとURLをコピーしました