スポンサーリンク

WWE退団のドリュー・グラック。その理由は「ロンダ・ラウジーによるセクハラ告発」という説が有力視されていると報じられる

ニュース

2024年3月、ロンダ・ラウジーはインタビューの中でWWE時代にドリュー・グラックからセクハラ被害を受けていたことを告発しました。

バックステージでスウェットパンツの紐を掴まれた…という不快な出来事の経験を彼女が語ったことにより、グラックのWWE内部での立場は非常に危うくなりました。先日、彼はWWEから退団。当初は「解雇された」と報じられていましたが、HHHは「解雇ではなく契約満了」とコメントしています。

【WWE】ロンダ・ラウジーがドリュー・グラックからのセクハラ被害を語る。「スウェットパンツの紐を引っ張られた。それが日常かのような雰囲気で…」
自著発売のタイミングでメディアへ積極的に露出し、WWEへの言及を繰り返しているロンダ・ラウジー。 自著「Our Fight」は、WWEやUFCなど、彼女のこれまでのキャリアを語る自...
WWE内部で「ロンダ・ラウジーからセクハラを告発されたドリュー・グラックは解雇されるのでは」という噂が流れている?
元WWEスーパースターのロンダ・ラウジーによる最新のインタビューが物議を醸しています。 その内容は、2022年にバックステージでドリュー・グラックからセクハラされた、というもの。グ...

彼がWWEから離れた後、選手たちの間で彼の評判が非常に悪かったことや、彼が「いじめ」行為に加担していたことが明らかになりました。対戦相手を故意に頭部からリングに叩き落としたり、負傷箇所をわざと攻撃したり……悪質な行為があったようです。

これまでの報道では、彼がWWEから去ることになった大きな要因が何だったのかは特定されていませんでした。ラウジーによる告発や「いじめ」が話題になっていたものの、それが要因になっていたかは特定されていなかったのです。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、WWE内部の複数の人物が「グラックがWWEを去ったのは、ラウジーによる告発に関係している」と証言しているそうです。告発の後、WWEは内部調査を実施しましたが、明確な結論を出すことはできませんでした。それでも、WWEはグラックとの契約を更新しないことを決断。彼を守りたい、という意思がなかったのは、前述のいじめが影響していたかもしれません。

選手としてだけでなく、バッド・バニーのトレーナーを務めるなど、バックステージでの仕事もこなしていたグラック。今後のキャリアはどうなるでしょうか。対戦相手を故意に怪我させようとしていたことが明らかになった今、インディ団体が彼をブッキングするのは難しいかもしれませんが…。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】ウィル・オスプレイが「AEWと新日本プロレスで試合をすることの違い」を語る。「プロレスは音楽のコンサートに少し似ているんだ」
新日本プロレスで多くの名勝負を演じ、2024年からAEWへ移籍したウィル・オスプレイ。 現役最高の名勝負製造機として新日本で大暴れした彼は、AEWで「アメリカのプロレス番組に出演す...
【WWE】ランディ・オートンがビンス・マクマホン体制時代のストレスを振り返る。「あれでは世界最高のプロダクトは作れない」
ビンス・マクマホンのもとで世界規模の団体に成長したWWE。 ビンスは卓越した手腕で多くのスターや名シーンを生み出してきましたが、彼の番組制作への姿勢は周囲に大きなストレスをもたらす...
タイトルとURLをコピーしました