スポンサーリンク

【WWE】リコシェはどこへ行く?WWE残留の可能性や移籍先の有力候補、新日本プロレスの興味について報じられる

ニュース

昨日、PWInsiderが「リコシェが今夏の契約満了後に退団する意思をWWEへ伝えた」と報じられました。

この報道の後、ネット上ではリコシェがAEWへ移籍する可能性や古巣の新日本プロレス、DRAGON GATEへの復帰を希望する声が溢れました。

リコシェがWWEから退団へ。契約更新の意思がないことを団体に告げたと報じられる
2024年夏にWWEとの契約が満了すると報じられていたリコシェ。 2018年のWWE入団以降、高い身体能力を活かして活躍し、複数のタイトルを獲得してきた人気者。最近はWWE Spe...

報道から1日。他のDirt Sheetも最新情報を報じています。

ます、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、リコシェのWWE退団は決定したわけではなく、あくまで「流動的」な状態なのだと報じています。WWEは彼との契約交渉を開始する予定ですが、それがいつ始まるかはわからないとのこと。

一方で、Fightfulによれば、リコシェがWWEから退団する可能性が高いとのこと。また、退団後はAEWへ移籍すると見られていること、新日本プロレスも彼に関心を持っていることも報じられています。

さらに、クリエイティブ・チームの中では、WWE Speed王座からの離脱以外の形でも彼を完全に退場させるための案が出されているといいます。

AEWのウィル・オスプレイやスワーブ・ストリックランドは、SNSでリコシェをAEWへ誘っています。彼の今後はどうなるのでしょうか?

(Wrestling Observer, Wrestling Inc Fightful)

あわせて読みたい

WWEがTNAジョーディン・グレースの契約を「買い取る」可能性があると報じられる。TNAとの契約満了前に移籍が実現するか?
TNAのトップレスラーとしてWWE・NXTに参戦中のジョーディン・グレース。 WWEとTNAのコラボレーションとして実現したNXT女子王座チャンピオンのロクサーヌ・ペレスとの抗争は...
【TNA】マイク・ベイリーが2021年にWWEへ入団間近だったことを明かす。「契約はしたけど、キャンセルされて…パニックになった」
カナダ人のマイク・ベイリーには、アメリカで5年間の労働禁止処分を受けた過去があります。 2010年代にインディシーンで活躍していた頃、アメリカでの就労ビザを持たずに活動していたこと...
タイトルとURLをコピーしました