スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガが語るAEWの女子部門と日本の女子プロレス。「2020年はエキサイティングな年になる」

インタビュー

The Eliteメンバーを中心に創立した団体AEWで、ケニー・オメガは副社長の1人として女子部門を監督しています。これまでのPPVやDynamiteでは、日本人女子レスラーの活躍が目立っており、彼女たちにファンがついてきている状態です。

ケニーはAEWの女子部門について次のように語っています。

我々は世界中からタレントを集めている。私が最初から集中していたのは、世界的に見られる機会のなかった日本の女子レスラーを紹介することだ。スターダムは世界的な規模ではあまり知られていなけど、人々は彼らが何なのかを知っている。主にカイリ・セインと紫雷イオのおかげでね。彼女たちがNXTデビューを果たして以来、ファンはそのルーツをたどり、スターダムとは何なのかを理解した。それでスターダムのファンが増えたのは事実だけど、彼らが見たことのない、スターダムで活動していない女子レスラーやスタイルもあるんだよ。私が世界に向けて紹介したいのはそういった部分だ。

それこそが、私が担おうとしていることであり、引き受けたい義務なんだよ。イオがNXTユニバースで披露しているようなスタイルだけじゃないんだ。もちろん、イオのプロレスは素晴らしいし、空中技も凄いしね。そのすべてが見る側をワクワクさせてくれるプロレスだよ。でも、それが全てじゃない。プロレスの味わいは多種多様だからね。私はその中で、できるだけ多様性を見せたい。2020年は非常にエキサイティングな年になるだろう。多くのレスラーが参戦するからね。タレントプールを増やすことでファンがエキサイトしてくれるといいな。多くの素晴らしいパフォーマンスが見られるようになることを期待しているよ。

アスカ、カイリ・セイン、紫雷イオのWWEでの活躍によって日本の女子プロレスに関心を寄せる海外ファンが増えた中で、さらに女子プロレスの奥深さを知ってもらう。確かに、AEWの女子部門の中心選手は初代AEW女子世界王者の里歩であり、Dynamite放送後初のPPV”Full Gear”では彼女の師匠であるさくらえみとのタイトルマッチが行われました。彼女たちのことを知っていても、実際に試合を見る機会は海外ファンにとってはほとんどありません。ケニーの狙いは成功していると言えるでしょう。

ただ、AEWを見ているファンにとって、男子部門と女子部門に寄せる興味関心には大きな差があると見て間違いありません。ケニーが今後どのように指揮を取り、女子部門の人気を高めていくのか、楽しみです。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ヤング・バックスが語る「AEWとRAW / SmackDownの違い」。それは試合とタッグマッチにある
10月2日からウィークリー番組"Dynamite"の放送が始まったAEW。先週の放送まで7週連続で裏番組のWWE・NXTにレイティングで勝利し、番組内容や初のPPV"Full Gear"も高評価を得るなど、出だしは順調です。 スポーツ...
【AEW】ケニー・オメガ VS ジョン・モクスリーの激しいデスマッチに対するファンのネガティブなリアクションについて、社長トニー・カーンがコメント
現地時間11月9日に開催されたPPV"Full Gear"で行われたケニー・オメガとジョン・モクスリーによる激しいデスマッチ。 Cagematchのユーザーレビューでは8.85という高評価(記事作成時点)がついているこ...
【AEW】WWE on FOXがAEWのあるシーンをからかう / ダイヤモンド・ダラス・ペイジが今週のDynamiteに登場へ
ニュースをまとめて紹介。 WWE on FOXがMJFのヒールターンをからかう FOXが運営しているTwitterアカウント"WWE on FOX"が、"Survivor Series"のワンシーンを引き合いに出し、ライバル団体...
タイトルとURLをコピーしました