スポンサーリンク

【AEW】最新の各部門トップ5ランキング。ジョン・モクスリー、ブリット・ベイカー、ヤング・バックスが1位に

データ

AEWはレスラーの勝敗成績をブッキングに反映させる方針を取っています。各部門で1位になることは、タイトル挑戦への近道であり、各レスラーの目標になっています。

先日発表された最新のランキングを見てみましょう。

男子部門

  1. ジョン・モクスリー(シングル: 5勝0負 全体: 5勝1負 前週1位)
  2. ケニー・オメガ(シングル: 5勝2負 全体: 9勝4負 前週2位)
  3. PAC(シングル: 4勝2負 全体: 5勝3負 前週3位)
  4. Cody(シングル: 4勝1負 全体: 5勝3負 前週4位)
  5. MJF(シングル: 2勝1負 全体: 3勝1負 前週5位)

モクスリーが3週連続で1位に。ランキングの顔ぶれに変化はありません。

女子部門

  1. ブリット・ベイカー(シングル: 4勝2負 全体: 7勝3負 前週4位)
  2. クリス・スタットランダー(シングル: 2勝0負 全体: 2勝2負 前週5位)
  3. 志田光(シングル: 3勝2負 全体: 4勝3負 前週1位)
  4. ナイラ・ローズ(シングル: 3勝3負 全体: 4勝3負 前週2位)
  5. さくらえみ(シングル: 1勝2負 全体: 3勝4負 前週3位)

ブリット・ベイカーが初の1位。若手有望株のスタットランダーが早くも2位にランクインしてきました。志田光は4週連続の1位を逃しての3位。

タッグ部門

  1. ヤング・バックス(5勝3敗 前週2位)
  2. Proud-N-Powerful(3勝2敗 前週1位)
  3. ベスト・フレンズ(4勝3敗 前週3位)
  4. ルチャ・ブラザーズ(4勝4敗 前週4位)
  5. ダーク・オーダー(3勝2敗 前週5位)

世界一のタッグチームが初の1位に。メンツに変化はありません。

まとめ

番組の放送開始から2ヶ月も経つと、メンツに変化が見られなくなってきましたね。

あわせて読みたい

【NXT VS AEW】テレビ戦争は初の「引き分け」。次に抜け出すのはどっちだ
WWE・NXTとAEW・Dynamiteのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。12月第2週、11度目の視聴者数対決の結果が出ています。 レスリング・オブザーバーによれば、12月11日放送分の視聴者数は次の通り。 ...
【WWE】ロバート・ルードの出場停止処分で"TLC"カードに影響が出る / AJリーが「WWE Backstageに出演する?」と質問され…
ニュースをまとめて紹介。 ロバート・ルードの出場停止処分で"TLC"カードに影響が出る 今週末に開催されるPPV"TLC"のカードをめぐる話をレスリング・オブザーバーが伝えています。デイブ・メルツァーによれば、ロバート・ルードの...
WWEセス・ロリンズが語る「AEWジョン・モクスリーとの現在の関係」
WWEセス・ロリンズが、The Shieldのメンバーとしてしのぎを削りあった戦友AEWジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)との関係を質問され、こう語りました。 彼の誕生日にメッセージを送ったよ。彼の活躍を願った。頑張って...
タイトルとURLをコピーしました