スポンサーリンク

WWEを退団したルーク・ハーパーのAEWデビューは目前?契約を結んだと報じられる

ニュース

2019年12月にWWEを退団したルーク・ハーパーに関するニュースです。

レスリング・オブザーバーによれば、彼はAEWと契約を結んだそうです。契約内容は不明ですが、現地時間3月18日に放送されるDynamiteのニューヨーク州ロチェスター大会でデビューする予定になっているそうです。彼のリングネームは「ブロディ・リー」になる模様。

ハーパーや、彼と同時にWWEから退団したシン・カラ、ジ・アセンション(コナー&ヴィクター)に課されている90日間の競業禁止条項は3月8日に失効するため、それ以降は自由に活動することができるようになります。ハーパーは既に4月2日に開催されるレッスルコンのSuper Showへの参加が予定されています。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】マット・リドルがロイヤルランブル・マッチであっという間にイリミネートされたのはバックステージ・ヒートが原因だと報じられる
現地時間1月26日に開催されたPPV"Royal Rumble"。メインイベントは男子ロイヤルランブル・マッチでした。この試合に出場したマット・リドルについて、興味深い話が出回っています。 23番目の男として登場したリドルは登...
ザ・グレート・カリのもとでトレーニングを積んだ2人の身長2m超えレスラーがWWEと契約を結ぶ
2006年から2014年にかけて長身レスラーとしてWWEで活躍したザ・グレート・カリ。彼の遺伝子が2020年代のWWEで花開くかもしれません。 カリはWWE退団後にインドでレスリングスクールを立ち上げ、後輩の育成にあたっていま...
タイトルとURLをコピーしました