スポンサーリンク

AEWが番組収録の無期限の停止に入る

ニュース

先週、AEWはジョージア州ノークロスにあるCodyが購入してリーダーシップを取り、QTマーシャルがトレーナーを務めるトレーニング施設”The Nightmare Factory”でDynamiteの番組収録を行いました。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、先週木曜日の収録を最後にAEWは番組収録の無期限の停止に入るようです。撮影量については、Wrestling Incは5月中旬まで十分に持つ分の量だったと報じています。収録テープが底をつくまでの間に次の一手を打つ計画を立てることになりそうです。

AEWは現地時間5月23日にPPV”Double or Nothing”を開催する予定ですが、この状況も不透明になっているとのこと。当サイトでも過去に紹介しましたが、会場として利用される予定のラスベガスにあるMGM Grand Gardenは新型コロナウイルスの感染拡大によって閉鎖されています。

【AEW】5月の"Double or Nothing"開催危機。会場の親会社が全施設の閉鎖を発表
現地時間5月23日に開催が予定されているAEWのPPV"Double or Nothing"。旗揚げ興行の名称が引き継がれる一大イベントということもあり、今から開催を楽しみにしているファンも多いはず。しかし……。 新型コロナウ...

公式サイトのスケジュールには23日の”Double or Nothing”と27日のDynamiteが開催予定のイベントとして掲載されていますが、実際に開催できるかどうかはわかりません。レスラーたちの移動の問題もあります。

パンデミックによってライブツアーの敢行を断念して以降、AEWはオーナーのシャヒド・カーンが建設に深く関わったフロリダ州ジャクソンビルのデイリーズ・プレイスでの収録を続けていました。いわば身内の施設を利用することができていたわけですが、5月以降の会場はそうはならないかもしれません。

このような状況なので、会場を借りるのは大変そうです。フロリダ州での感染拡大が収束し、次の収録までにデイリーズ・プレイスを利用できるようになっているのがベストなのでしょうが……。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

ちなみに、WWEのデイブ・メルツァーら主要スポーツのコミッショナーと電話会談を行ったドナルド・トランプ大統領は、8月あるいは9月には観客を入れてのスポーツ興行を再開できると期待しているそうです。

トランプ大統領がビンス・マクマホン(WWE)やダナ・ホワイト(UFC)ら主要スポーツのコミッショナーと電話会談を行う
新型コロナウイルスの感染拡大が続くアメリカ。世界で最も感染者の多い国になってしまった今、大規模なイベントの開催はかなり困難な状態です。 報道によれば、トランプ大統領が国内の主要スポーツのコミッショナーたちとの電話会談を行ったそ...

あわせて読みたい

【WWE】高年収ランキングのトップ10をフォーブス誌が発表
WWEのトップ・スーパースターたちの年収は100万ドルを超えることが多く、ジョン・シナやブロック・レスナー級のビッグネームになると1000万ドル超の契約を結んでいることもあります。 今日、フォーブス誌がWWEの高年収ランキングのトップ...
【WWE】アンダーテイカーにAJスタイルズとの試合を勧めたのはあのレジェンド
現地時間4月4日に放送されたレッスルマニア36の1日目。メインイベントはアンダーテイカーとAJスタイルズによる「ボーンヤードマッチ」でした。 この映像を見るだけでも、いかに特殊な試合形式だったかがわかります。どんな試合...
タイトルとURLをコピーしました