スポンサーリンク

【NXT VS AEW】両番組ともに数字を落とすも、Dynamiteが2連勝

データ

2019年10月2日に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間4月30日放送分のレイティングが明らかになっています。

Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 637,000人(前週665,000)
  • Dynamite: 693,000人(前週731,000)

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化して以来、両番組ともに数字は低調になっています。4月8・15日放送分はNXTが勝利したものの、22・29日はDynamiteの勝利となりました3月まではDynamiteが連勝を続けていたものの、4月は僅差の争いになっています。

もう1つの重要な数字である、18歳から49歳までの視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.16(前週0.18)
  • Dynamite: 0.27(前週0.25)

こちらは相変わらずDynamiteが優位に立っています。「18〜49歳の男性からの支持が厚いDynamite、50歳以上の男女からの支持が厚いNXT」という構図は変わりませんね。

あわせて読みたい

【WWE】キース・リーが「映画『目指せ!スーパースタ―』への出演」「無観客でのプロレス」を語る
大型レスラーとして人気を博しているキース・リー。WWE入団後も相変わらずいい試合を見せてくれています。 ComicBook.comのインタビューに応じたリーは様々な話題について語りました。その中からいくつかを紹介します。 出...
【WWE】カーティス・アクセルが解雇される
現地時間4月30日、WWEはカーティス・アクセルの解雇を発表しました。 ヘニングは現在40歳。2007年3月、"ミスター・パーフェクト"カート・ヘニングの息子として父親のWWE殿堂入りセレモニーに出席し、7月にハーリー・レイス...
タイトルとURLをコピーしました