スポンサーリンク

【AEW】Codyが語る「ランス・アーチャーに目をつけたAEWスタッフ」

ニュース

2020年2月、元IWGP USヘビー級王者のランス・アーチャーがAEWに入団しました。2019年に新日本プロレスで大きく株を上げたパワーファイターは、新天地としてAEWを選択したのです。

彼とAEWの契約については、当サイトでも新たな情報が出るたびに扱ってきました。

【新日本プロレス】ランス・アーチャーがAEWとの契約を決意したのは「レッスルキングダム14」より前だった
2020年2月、AEWはランス・アーチャーの入団を発表しました。2019年のG1 CLIMAX以降、株を上げていたアーチャーが今後の活動の場に選んだのは新日本プロレスではなく、大型レスラーが不足していた若い団体だったのです。 ...
ランス・アーチャーがAEWとの契約を語る。「正しい決断だった」
2020年2月27日、AEWは元IWGP USヘビー級王者ランス・アーチャーの入団を発表しました。2月1日まで新日本プロレスで活動していた彼は、なぜAEWとの契約を選んだのでしょうか? talkSPORTのインタビューの中で、...

彼とTNT王座初代チャンピオンの座を賭けて争ったCodyは、アーチャーをリクルートしたAEWスタッフの名前を明かしています。

おそらく、ランスはこれまでに一緒にリングに上がったレスラーの中でもトップ3に入ると思う。俺たちは決して親友というわけではない。ランス・アーチャーをAEWにリクルートしたのはトニー・カーン(社長)とQTマーシャル(アソシエイト・プロデューサー)だ。2人がサーチしていたんだよ。俺はそれに疑問を持ったものだけど、今となっては何の疑問もない。今までの対戦相手の中でトップ3に入る相手だ。

また彼と試合をするのが待ち遠しいよ。パワーとスピードを兼ね備えた異様なハイブリッド、ドラッグ・フリーなアスリートだ。団体が退勤を払うべき選手だよ。彼をリサーチしていた2人に脱帽するよ。

トニーは筋金入りのプヲタですから、新日本もしっかりチェックしていたのでしょう。それにしても、Codyが2019年のアーチャーをそれほど高く評価していなかったとは、ちょっと驚きました。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

ルセフが木村花の死とCyber-bullying(ネットいじめ)を語る。「俺たちはキャラクターを演じているだけなんだ」#RIPHanaKimura
木村花について、ルセフが語りました。 今日考えていたのは、日本で亡くなった若い女性のことだ。ネットいじめ(Cyber-bullying)について話したい。 ソーシャル・メディア……ソーシャル・メディアは素晴ら...
【AEW】コメンテーター、エクスカリバーが語る「今もマスクをかぶっている理由」「AEW加入の理由」「マスクをめぐるジム・ロスとのやりとり」
AEWの放送席では、主に4人の人物が仕事をしています。 ジム・ロス(元WWEの名物実況アナ) トニー・シバーニ(元WCW実況アナ) タズ(ECWレジェンド) エクスカリバー(PWG創設者の1人) クスカリバ...
タイトルとURLをコピーしました