スポンサーリンク

WWE・NXTとAEW・Dynamiteによるウェンズデー・ナイト・ウォーズ。NXT放送局はガチで勝ちにいき、AEW社長はスリルを感じている

ニュース

2019年10月から始まった2つのプロレス番組によるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。WWE・NXTとAEW・Dynamiteが毎週しのぎを削っています。

この戦争において、視聴者数争いでは基本的にDynamiteがNXTを上回ることが多くなっています。しかし、ここ3週はNXTが勝利しているのです。

この件について、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、「NXTにはコマーシャルが少なく、それが違いを生み出した」と指摘。また、Dynamiteとの争いに対し、NXTの放送局であるUSA Networkが本気で勝ちに行っているとコメントしています。

Dynamiteの放送局はTNT。ケーブルテレビ局同士の争いもあるのですね。

ところで、AEW社長のトニー・カーンは、最近の数字に対してスリルを感じているそうです。アメリカのテレビ業界において、最も重要な数字は18〜49歳の視聴率。視聴者数ではNXTに遅れを取っているものの、この層の視聴率では上回っており、最新回は水曜日にケーブルテレビ局で放送された全番組の中で第7位にランクインしているのです。最新回の場合、Dynamiteが0.28なのに対し、NXTは0.20でした。

ウェンズデー・ナイト・ウォーズの楽しみ方は1つだけではありません。どこに目をつけるかによって意見は変わってきます。

あわせて読みたい

【WWE】マット・リドルが性的暴行疑惑に「俺たちは不倫をしていた」とコメント。告発者からのストーカー・嫌がらせの被害を打ち明ける
6月下旬から海外プロレス界を騒然とさせているTwitterのハッシュタグ"#SpeakingOut"。プロレスラーたちの問題行為が次々と告発される中、マット・リドルには女性レスラーに対する性的暴行疑惑が浮上しています。 ...
【WWE】カイリ・セインに新たなオファーを提示か?様々な噂が飛び交う彼女の将来はどうなる
RAWの最新回で負傷から復帰したカイリ・セイン。彼女の去就に関しては様々な噂が流れています。 彼女が結婚を発表したのは約半年前のこと。WWEとの契約が切れるのは今年の8月とされています。 レスリング・オブザーバーのデイブ...
タイトルとURLをコピーしました