スポンサーリンク

NWAオーナーのビリー・コーガンが団体活動停止の噂を否定

ニュース

2019年にYoutubeでウィークリー番組”Powerrr”の配信を開始したNWA。2017年に団体を買収した人気バンド「スマッシング・パンプキンズ」の中心メンバー、ビリー・コーガンは、NWAブランド再構築の一手としてこの番組を立ち上げました。

しかし、番組の収録は2020年1月が最後になっており、配信は5月12日を最後に止まっています。今後、団体がどのように活動していくのかが不透明な状況の中、副社長を務めるデヴィッド・ラガーナが女性レスラーに対して性的暴行を働いていたことが#SpeakingOutムーブメントの中で告発され、退任するという出来事がありました。

この事態を受け、ハードコアマッチ・レスラーとして知られるレイヴェンが、「NWAは活動を停止するかもしれない」という趣旨の発言をしたことが最近話題になっていたのです。コーガンがこの件で幻滅しているという噂を聞いた、というのが彼の発言の根拠になっています。

Raven Says There's Talk That Billy Corgan Is Shutting Down NWA - Wrestling Inc.
Raven Says There's Talk That Billy Corgan Is Shutting Down NWA

昨日、コーガンは声明を発表し、NWAの活動停止はないと噂を否定しました。

我々は活動を停止しません。そのような印象を与える噂は無視してください。NWAは売りに出されていないし、今後もあり得ません。[…]非常に厳しい環境の中で、素晴らしいファンの皆様にコンテンツを提供する方法を我々は考えているところです。

興味を持ってくれたり、話題にしてくれたことには感謝しますが、根拠のない噂や憶測は禁物です。

再び団体としての活動を再開した場合、軸になるのはやはり”Powerrr”でしょう。団体の顔であるニック・オールディスを中心に、再び存在感を示すことはできるでしょうか?

あわせて読みたい

アーン・アンダーソンが考える業界最高のヒールは誰?
優秀なヒール・レスラーの存在は団体に欠かせません。ベビーフェイス・レスラーの前に立ちはだかり、ファンから嫌われるような行動を取る悪者。プロレスファンの心を誰よりも揺さぶるのはヒール・レスラーなのかもしれません。 現在はAEWと...
AEW社長は今後もロースターの拡大を狙っている。「驚かないでほしい」
団体設立2年目でいきなり新型コロナウイルスのパンデミックという強烈な現実と向き合わざるを得なくなってしまったAEW。ウィークリー番組"Dynamite"は一定の盛り上がりを見せており、パンデミックが続く中でも新たなレスラーの参戦が続いていま...
タイトルとURLをコピーしました