スポンサーリンク

ラナ & ミロ(ルセフ)がネットいじめを原因にSNSから去る?「どうしてみんな私をいじめるんですか?」

ニュース

2020年4月にWWEをリストラされたルセフは、リングネームを「ミロ」に変更してAEWと契約しました。妻ラナとはライバル団体同士に所属するという関係になっています。

ミロ(ルセフ)が語るAEW入団とライバル番組NXT。「NXTを打ち負かしているという意見に同意する」
Dynamiteの最新回に登場し、AEWと契約したミロ(ルセフ)。彼は長期契約を結び、新日本プロレスにも参戦可能なオプションがついているそうです。 WWE退団後はTwitchやYoutubeでの動画配信にも力を...

今日、ラナはSNS上での誹謗中傷に怒りの声を上げました。TikTokに投稿した動画に大量のヘイトや誹謗中傷のコメントが付いたのに対し、同じ動画を投稿したナタリアには「TikTok史上最高の動画!」といった高評価コメントがたくさん付いていることへの憤りが爆発したようです。

同じ動画を投稿しているのに……。どうしてみんな私をいじめるんですか?

もし今後もこんな状況が続くなら、私とミロはSNSを辞めますよ。メンタルヘルスより大切なものはないんですから。ネットいじめは相手の心を本当に傷つけるんです。リスペクトを示してください。そして私へのネットいじめはやめて。

2人は以前からSNS上での誹謗中傷に悩まされていました。特にラナは大変な状況に直面したこともあります。

【WWE】ラナがSNSに家族の写真を投稿しなくなった理由を明かす。「一般人はタフじゃない」
WWEスーパースターのラナがThe Matthew Aaron Showに出演し、家族の写真をSNSに投稿しなくなった理由を語りました。 2013年からルセフと行動を共にし、ヒールとしての仕事を日々こなしているラナ。家族の写真...

ギミックによるものもありますが、SNSのユーザーの間で「こいつは叩いてもOK」というカテゴリーの中に入れられているのでしょう。こうなってしまったら、もう止められません。

ラナはSNSを有効活用しており、TikTokとTwitterのフォロワーは100万人を突破しています。その分寄せられるリプライやコメントは多くなってしまう。彼女への誹謗中傷を娯楽にしているユーザーが全体の1割でも存在したら、それはとんでもない量になります。人間はネガティブな言葉を気にしてしまう生き物ですから、SNSを辞めるのは有効な選択肢だと思います。

ネットいじめに対するルセフのコメントを是非読んでください。絶対にやってはいけないことです。

ルセフが木村花の死とCyber-bullying(ネットいじめ)を語る。「俺たちはキャラクターを演じているだけなんだ」#RIPHanaKimura
木村花について、ルセフが語りました。 今日考えていたのは、日本で亡くなった若い女性のことだ。ネットいじめ(Cyber-bullying)について話したい。 ソーシャル・メディア……ソーシャル・メディアは素晴ら...

あわせて読みたい

【WWE】女性選手限定のPPV"EVOLUTION"第2弾は開催されるのか?
2018年10月に開催されたWWEのPPV"EVOLUTION"。WWE史上初となる女性選手限定のこのPPVは、ベッキー・リンチの大ブレイクやロンダ・ラウジーの活躍という追い風もあり、ファンにとっても満足度の高いイベントになりました。 ...
AEWがDynamiteの「シーズンパス」を販売。お得な価格で現地観戦可能
新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから全米各地へのツアーを中止し、フロリダ州ジャクソンビルにあるデイリーズ・プレイスで番組の収録を行っているAEW。最近になってようやくファンを収容しての収録が再開しました。ソーシャル・ディスタンスなど...
タイトルとURLをコピーしました