スポンサーリンク

【WWE】SummerSlam開催地のラスベガスで「屋内でのマスク着用義務命令」が出される

ニュース

アメリカでは新型コロナウイルスのデルタ株が猛威を振るっています。再び感染者が増加している今、ツアーを再開しているプロレス団体は対応を迫られています。

【AEW】デルタ株が猛威を振るう新型コロナウイルスへの対応に対し、団体内で懸念広がる。ツアー再開から間もなく危機に直面
アメリカでは国民への新型コロナウイルスのワクチン接種が急速に進み、必要なワクチン接種数の約半分が完了しています。政府は5月に「ワクチン接種を完了すればマスク着用の必要なし」という方針をとりました。しかし、デルタ株が猛威を振るいはじめ、感染者...

上の記事はAEWの危機感を紹介していますが、やはり気にしているのは「戻ってきた観客」への対応です。会場にファンがいたとしても、彼らが気持ちよく観戦することができなければ盛り上がりには欠けてしまいます。また、状況次第では、再びキャパシティの制限や無観客開催への逆戻りもありえます。

ジョン・シナが戻ってきたことからもわかるように、WWEは今年のSummerSlamへの準備にかなり気合を入れています。

【WWE】SummerSlamに総力をあげるWWE、エッジ VS セス・ロリンズのカードを切ろうとしていると報じられる
WWEの4大PPVの1つである「SummerSlam」。今年は例年以上に盛り上がる大会にすることを狙っているようで、WWEは多くの大物を登場させたいと考えています。 評価を急上昇させているローマン・レインズの対戦相手として考え...
【WWE】ニック・カーン社長が語る「SummerSlamをラスベガスで開催する理由」
今年のSummerSlamはラスベガスのアレジアント・スタジアムで開催されます。候補になった開催地は他にもあったそうですが、WWEはなぜラスベガスを選んだのでしょうか。 ニック・カーン社長は、その理由を「ラスベガスにとっていい...

本来であれば万全の形で開催にこぎつけたいところですが、デルタ株がそれを許しません。各自治体は感染者増加に歯止めをかけるべく、様々な政策を打ち出しています。アメリカ西部のネバダ州では、州内17郡のうち12郡に対して「ワクチン接種の有無にかかわらず、公共の屋内空間でのマスク着用を義務付ける緊急命令」を出しました。12群の中には、SummerSlamの開催地ラスベガスがあるクラーク郡が含まれています。

つまり、現時点では、SummerSlamの観客はマスク着用が義務付けられることになるのです。せっかくシナが戻ってくるのに、口を大きく開いて大歓声を送ることができなくなるかもしれません。WWEにとってもこの命令は痛手ですが、従わないわけにもいかないので……とにかく大変です。

プロレス界とコロナの微妙な関係はこれからも続きます。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】CMパンク & ダニエル・ブライアンの情報は団体内でもトップシークレット?選手たちも事情通に「逆取材」している
AEWへの入団が噂されているCMパンクとダニエル・ブライアン。団体内では彼らに関する情報が一切流れていないようです。 GiveMeSportでWWE関連のライターとして働いているルイス・ダングールによれば、パンクに関するスクー...
【新日本プロレス】棚橋弘至がIWGP USヘビー級王座に挑戦!AEW・Dynamiteでビデオメッセージが流れる。ジョン・モクスリー戦も?
現地時間7月28日に放送されたAEW・Dynamiteに棚橋弘至が! A new challenger has emerged! @njpw1972 ace Hiroshi Tanahashi (@tanahashi1_100...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました