スポンサーリンク

【AEW】ボビー・フィッシュとの契約に一役買ったヤング・バックス、そしてアダム・コールのリアクション

ニュース

先週、AEWは元WWEのボビー・フィッシュとの契約を発表しました。インディシーンで長く活躍し、WWE・NXTでは人気ユニットThe Undisputed ERAの一員として活動していた彼の加入は団体に好影響を与えるでしょう。

ただ、MLWへの参戦が発表されていたこともあり、多くのファンは「フィッシュの参戦は単発的なものだろう」と考えていたでしょう。彼との契約に至った背景とは?

レスリング・オブザーバーによれば、フィッシュとの契約をプッシュしたのはヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン)だったそうです。2人はフィッシュを非常に高く評価しているとのこと。

最近、AEWの副社長たち(Cody、バックス、ケニー・オメガ)がクリエイティブに関与しなくなったという報道もありましたが、これは正確なものではありませんでした。オブザーバーによれば、4人がレスラーとの契約に関与するのはよくあることだそうで、直接交渉することもあるとか。

【AEW】トニー・カーン社長が「クリエイティブにおける権力構造」を語る。「2019年末に変わった」
先日、AEWの副社長たち(Cody、ヤング・バックス、ケニー・オメガ)がクリエイティブへの影響力を失い、名ばかり副社長になっているとBodyslam.netが報じました。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーはこれに反論しましたが、社...
【AEW】ロースターや「名ばかり」になったと噂の副社長たちのクリエイティブへの関与はどうなっているのか?
先日、AEWで副社長を務めるCody、ヤング・バックス、ケニー・オメガがクリエイティブ面への影響力を失い、「名ばかり副社長」になったとBodyslam.netが報じました。クリエイティブは社長のトニー・カーンが完全に引き継いだ、とされていま...
【AEW】Codyが副社長としての仕事を語る。「3年後のリーダーを紹介するのが仕事」
AEWには4人の副社長がいます。ヤング・バックス(ニック & マット・ジャクソン)、ケニー・オメガ、そしてCodyです。 最近、彼らのクリエイティブとの関わりについて報じられました。AEW社長のトニー・カーンは彼らのク...

The Undisputed ERAといえば、9月にAEWに入団したアダム・コールもメンバーの1人でした。コールは、フィッシュのAEW入団について次のようにコメントしています。

一緒にやっていた前のグループは良い結末を迎えなかった。彼と良い関係を築けているのかはわからないね。ただ、AEWに来てくれたのはとても嬉しく思っているし、みんなもそう思っていることを願うよ。まあ、The Eliteに招き入れるかどうかまではわからないけどさ。

今週のDynamiteでは、The Eliteといがみ合っているブライアン・ダニエルソンとフィッシュがシングルマッチで対決します。何かが起こるかも…?

(Wrestling Observer, Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】アダム・コールとダービー・アリンが「対戦したい新日本プロレスのレスラー」を明かす
「禁断の扉」が開かれたことで、アメリカのプロレス界は活性化しました。 AEW、新日本プロレス、インパクト・レスリングの間でレスラーの行き来ができるようになり、ジョン・モクスリー VS KENTA、ケニー・オメガ VS リッチ・...
【AEW】CMパンク「ケニー・オメガを倒すには30分もいらない」
Dynamiteニューヨーク大会「Grand Slam」で行われたブライアン・ダニエルソンとケニー・オメガのドリームマッチ(ノンタイトル戦)は制限時間いっぱいのドローでした。世界トップレベルの2人が30分間フルに戦い抜いても決着はつかなかっ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました