スポンサーリンク

新日本プロレス参戦のジョナ・ロック。ロッキー・ロメロがWWE退団後の彼に真っ先に声をかけた

ニュース

2021年8月にWWEから解雇されたジョナ・ロック(ブロンソン・リード)。NXT北米王座元チャンピオンが解雇された理由は「人件費削減」だとされています。

彼は現地11月13日に開催された新日本プロレスのアメリカ大会「Battle in the Valley」にサプライズ登場し、新日本参戦を表明しました。その後、彼はインパクト・レスリングにも参戦。2団体で活動していくことになります。

Fightfulのインタビューに応じた彼は、両団体との関係について語りました。WWEから解雇された数日後、新日本のロッキー・ロメロから連絡があり、一緒に仕事をしたいと誘われたのだそうです。そして、新日本での活動を中心にインパクトにも参戦する、というスタイルで活動していくことを決めたのだとか。新日本にとってロッキーがどれほど大きな存在か、というのがわかりますね。AEWとの橋渡しをしたり、スカウティングをしたり…。

2022年1月に開催されるPWG「Battle of Los Angeles」への出場も発表され、今後の活躍に期待が集まるロック。WWEから解雇された直後、NXTのプロデューサーを務めているショーン・マイケルズから「自分を放出したことを後悔させてやれ」と元気づけられた彼は、これからどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

ブロンソン・リード(ジョナ・ロック)がWWEからの解雇を振り返る。「まさかだった。メインロースター昇格の連絡だと思った」
2021年8月にWWEから解雇されたブロンソン・リード(ジョナ・ロック)。短期間ではありましたが、5月から一ヶ月間NXT北米王座を保持していて、NXTでの扱いが特別悪いわけでもなかった彼が解雇されたことは大きな話題になりました。 ...

(Fightful, WhatCulture)

あわせて読みたい

ロッキー・ロメロが新日本プロレスとWWE & AEWの関係を語る。「WWEは数年に一度新日本と連絡を取る」
新日本プロレスは複数の海外団体と交流を持っています。現在、最も交流が盛んなのは、元新日本のレスラーが多く在籍するAEWでしょう。 2021年春、WWEと新日本が大会に向けた話し合いをしていると報じられました。内容はダニエル・ブ...
【AEW】MJFが暴言「俺はアンドレ・ザ・ジャイアントだ」
AEWで活躍する若手スター、MJF。彼は卓越したプロモのスキルを活かしてファンを楽しませるタイプのレスラーで、先日はCMパンクと約20分間にも及ぶ口喧嘩を繰り広げて話題になりました。 海外のプロレス界では、インタビュー...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました