スポンサーリンク

【WWE】40歳での引退を公言していたコーディ・ローデス。「できないことが増えるのは嫌だが、考えは変わるものだ」

インタビュー

いつ引退するのか。すべてのプロレスラーにとって最大の問題です。体が動くうちに辞めるのか、ボロボロになるまで戦うのか。たとえ理想的な引退の形があったとしても、身体や環境がそれを許すかどうかはわかりません。

先日WWEへ復帰したコーディ・ローデスは、かつて40歳での引退を公言していました。現在36歳の彼は、レッスルマニア38終了後の記者会見の中で、自身の引退観に変化があることを語りました。

40歳。なぜ40歳で引退すると考えていたのか、その理由を言ったことはあったかな。まあ、40という数字は、老いとの狭間というかさ。年寄りのプロレスラーにはなりたくなかったんだよ。いつまでもプロレスラーでありたいと願う人は男女問わずいる。プロレスが好きなんだろうな。そういう人たちの中にはハイレベルな活躍を見せている人もいて、ファンに年齢を感じさせない。

みんな忘れているかもしれないけど、俺は20歳そこそこでWWEに入り、フルタイムでツアーに出ていたんだ。週末に休んだことはなかったよ。例外は口が裂けて3週間休んだ時だけ。口ひげが生える辺りをやっちゃってね。WWEにいた10年間で週末に休みを取れたのはそれだけなんだ。週末はずっとライブイベントに出ていたね。インディプロレスを批難する必要はないけど、月に2回くらいショーがあって、出ずっぱりの時もある。金曜、土曜、日曜、月曜、火曜って。度々あったよ。それってしんどくてさ。リングに倒されることも多いし、身体にも負担がかかる。子どもを抱きかかえられなったりとか、できないことが増えるのは嫌だったんだよ。

ただ、WWEにもAEWにも最高の医療チームがいる。トム・ブレイディ(NFLのレジェンド)はかなりの高齢選手だけど、今も史上最高の選手として活躍しているだろ?40歳にこだわる必要はもうないのかもしれないね。まあ、こういう話を楽しむには丁度いい数字かもしれないけどさ。

だから、頑固な考えはやめてみようかなと思ってさ。ここ6年間はひたすら頑固な男として生きてきて、痛い目を見ることも多かったよ。いいんだけど。人間の考えは変わるものだ。たぶん、たぶん40歳で引退する、ということで。

若い頃の考えは変わるものです。人生経験もそれほどなく、これからの人生で何が起こるのか、正確な予想を立てることすら困難なわけですから、コーディのように歳をとって柔軟な考え方に変わるのも悪くない、というかそれが人生なのではないかと思います。

WWEとコーディは複数年契約に合意したと報じられています。ファンは、40歳のWWEスーパースター、コーディ・ローデスを楽しむはずです。

【WWE】コーディ・ローデスのTシャツがレッスルマニア38開催地で売り切れ。人気の高さを証明
Bullet Club、The Elite、AEW、そして故郷へ。ついにWWEへ復帰したコーディ・ローデスは、2016年にWWEから離れた後に作り上げたペルソナを古巣へ持ち込むことに成功しました。 6年間に彼がやっていたことの...

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】セス・ロリンズ「3時間のRAWは長すぎ。2時間はプロレス番組として美しい数字」
WWEは3つのテレビ番組を放送しています。 RAWは3時間、NXTとSmackDownは2時間。合計7時間のプロレスコンテンツを毎週生み出しているわけですが、RAWの放送時間については何かとあれこれ言われがちです。 まず...
【AEW】トニー・ストームが引退を考えていたことを明かす。「言葉では言い表せないほどの虚無感や悲しみ」
2022年3月にAEWと契約したトニー・ストーム。 2021年12月、当時WWEに在籍していた彼女は、「燃え尽きた」と考えて団体へ解雇を要求しました。それが受け入れられる形で退団し、しばらくプロレスラーとしての活動から離れてい...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました