スポンサーリンク

AEWがマラカイ・ブラックの退団後に「House of Black」の商標を出願

ニュース

現地9月4日開催のPPV「ALL OUT」終了後にAEWから退団したマラカイ・ブラック。

2021年夏にAEWと長期契約を結んだ彼は、バディ・マシューズ&ブロディ・キング&ジュリア・ハートとのユニット「House of Black」のリーダーとして活動していました。

しかし、あまりブッキングに恵まれなかったことやプライベートの問題から士気が下がり、AEWからのリリースを要求。当分は活動を停止する見込みで、もしかしたらこのまま引退するかもしれません。

マラカイ・ブラックがAEWでの活動を終了すると報じられる
AEWへのリリースを要求して断られたこと、PPV「ALL OUT」での試合後にファンに向かって礼をし、House of Blackのメンバーとハグをしたことが報じられていたマラカイ・ブラック。 ブッキングへの不満やプライベート...
AEW退団のマラカイ・ブラック。「健康上の問題」を原因にインディ団体のブッキングをキャンセル
2021年にAEWと長期契約を結んだものの、さまざまな要因が絡み合った結果退団することになったマラカイ・ブラック。 報道によれば、彼はプライベートでの問題やブッキングに対する不満から士気が下がり、少なくとも当分はプロレス界から...

しかし、ユニットが終わってしまうわけではないようです。報道によれば、AEWは9月8日に「House of Black」の商標を出願したそうです。団体がユニットについてどのような計画を持っているかはわかりませんが、何かあるのかもしれません。

The House of Black Continues to Show AEW How Ruthless They've Become | AEW Rampage, 3/18/22

SESCOOPS

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコは副社長職に興味なし。「団体を助けるのに職位は必要ない」
AEW世界王座初代チャンピオン。AEW設立のきっかけの1つになったドリームマッチ「ケニー・オメガ VS クリス・ジェリコ(2018年の新日本プロレス「レッスルキングダム」)を戦ったスーパースター。クリス・ジェリコはAEWに欠かせない存在です...
【AEW】ヤング・バックスとWWEの噂は8月ごろから飛び交っていた。WWE内部でも話題に?
先日、AEWの副社長ヤング・バックス(ニック&マット・ジャクソン)がWWE移籍について探りを入れたという噂が報じられ、話題になっています。 アンチWWE色の強い団体として設立されたAEWですが、副社長たち(バックス、コーディ・...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました