スポンサーリンク

LGBTレスラーのナイラ・ローズが語る「レスラー人生」と「AEWでのチャンス」

ニュース

2019年のプロレス界はAEWを中心に回っているのかもしれません。1月に旗揚げが発表されてから、WWEは所属レスラーの退団を極力避けるために方向転換し、新日本プロレスは海外戦略の中心人物だったケニー・オメガを失いました。

新団体であるAEWは現代の価値観を導入している点でも注目に値します。副社長のマット・ジャクソンは、5月25日の旗揚げ興行”Double or Nothing”の観客席でLGBTレスラーのナイラ・ローズとソニー・キスに罵声を飛ばしていたファンを出入り禁止処分にすると公言しました。

AEWがトランスフォビアの観客を出入り禁止に / ヤング・バックス VS Cody & ダスティン・ローデス
ニュースをまとめて紹介。 AEWがトランスフォビアの観客を排除へ "Chang The World"のスローガンを掲げるAEWには、gender-fluidのソニー・キスや、トランスジェンダーのナイラ・ローズが所属しています。 ...

ナイラ・ローズはトランスジェンダーの女子レスラー。ソニー・キスはgender-fluid(性別が流動的であること)です。AEW初のLGBTレスラーになったナイラ・ローズは、Sports Illustratedのインタビューの中で、レスラー人生とAEWとの契約について語りました。

レスラー人生について

プロレスラーは人前に立つ職業ですから、心無い発言に晒されてしまうこともあります。ローズはレスラー人生についてこう語っています。

悲しいことに、ネガティブなものはポジティブなものよりも目を引いてしまうようです。重圧に耐え、憎しみなどに耐え、それらを背負うことができた時、私は自分の強さを知ることになるのです。私を打ちのめす必要のある人たちがいて、次の世代、若い世代がより暮らしやすくなるために私がその行いに耐えなければならないのなら、私は喜んで受けて立ちます。

偏見をなくすことは困難ですが、立ち向かう価値のある障壁です。AEWという新しい団体でローズが見せてくれる生き様に期待したいです。

AEWとの契約について

ローズはAEW初のLGBTレスラーになりました。ローズは将来に目を向け、性別やセクシュアリティによって夢を叶える機会を失うレスラーが現れないよう、彼らにいい影響を与えたいと考えているようです。

AEWにはチャンスがあると感じています。私が望むのは、世の中の人々に、ちょっと頭の固いファンたちに対し、自分がリング上でできることを証明するチャンスを得ること。それだけです。

AEWは、ローズとの契約を発表した際に彼女がトランスジェンダーであることをアピールしませんでした。いつか当たり前になる時代がくるのかもしれませんね。

(参考: SESCOOPS

あわせて読みたい

AEW社長が明かす「年間興行数」と「理想のツアー」 / AEW "Fyter Fest" のカードに3wayタッグマッチが追加
ニュースをまとめて紹介。 AEW "Fyter Fest" のカードに3wayタッグマッチが追加 6月29日開催のAEW "Fyter Fest" 。連日追加カードが発表されている中、19日に3wayタッグマッチの開催がアナウン...
8月31日のプロレスウォーズ。新日本プロレス、WWE、AEWのチケット売上情報 / AEWがテレビ放送でタッグトーナメントを開催
ニュースをまとめて紹介。 8月31日のプロレスウォーズ。新日本プロレス、WWE、AEWのチケット売上情報 2019年8月31日は非常に重要な一日になります。AEWが伝説の興行"ALL IN"の第二弾であるPPV”AALL OUT...
ジョン・モクスリーが新日本プロレス”G1 CLIMAX"のダラスでの開幕戦に出場できないのは「AEWとの契約が原因」と報じられる
7月6日に開催される新日本プロレスの真夏の祭典"G1 CLIMAX"。今年最大の目玉は、4月にWWEを退団し、5月のAEW旗揚げ興行"Double or Nothing"でケニー・オメガとクリス・ジェリコを襲撃し、6月に新日本プロレスでIW...
タイトルとURLをコピーしました