スポンサーリンク

【WWE】団体内部では「サーシャ・バンクスはいつか戻ってくる」と考えられている

ニュース

WWEの人気スーパースターだったサーシャ・バンクスがWWEから離脱し、新日本プロレスと契約を結ぶまでの過程が徐々に明らかになってきています。

2022年5月、ナオミと共に保持していたWWE女子タッグ王座に関するクリエイティブ上の考えの相違で団体と対立した彼女は、2人で番組収録をボイコット。団体は無期限謹慎処分を課しました。

その後、彼女は団体との交渉の末に2023年からフリーエージェントになることに。ビンス・マクマホンが引退し、HHHが現場の責任者担ったあとで復帰に向けた交渉も行われましたがベッキー・リンチやシャーロット・フレアーと同等の金額を求めたサーシャに対し、「彼女は今後5年間のトップに立つ選手ではない」と考えたWWEはそれよりも低い金額でのオファーを提示。ここで交渉が暗礁に乗り上げてしまったようです。

新日本とは2022年11月に契約に合意したようで、彼女は2023年に何度か新日本やSTARDOMのリングに上がり、IWGP女子王座戦線に絡んでいくことが予想されています。

【新日本プロレス】サーシャ・バンクスとの交渉は数ヶ月前から始まっていた。STARDOMの国際的なファン層の拡大が狙い
2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」への参加が報じられているサーシャ・バンクス。 彼女はWWEを代表する大人気スーパースターですが、2022年5月に番組収録をボイコットした後、団体から離れています。WWEへの復...
サーシャ・バンクスと新日本プロレスの契約にSTARDOMへの参戦は含まれるのか?
WWEの人気スーパースターだったサーシャ・バンクス。 彼女は、当時保持していたWWE女子タッグ王座の方針をめぐって団体と対立し、2022年5月に番組収録をボイコット。WWEは無期限謹慎処分を課しました。 両者は交渉の末、...
【WWE】サーシャ・バンクスの復帰に向けた交渉が不発だったのは、サーシャが「ベッキー・リンチ級の金額を望んだから」?
2022年5月に番組収録をボイコットして無期限謹慎処分を課されたサーシャ・バンクスは、夏のうちに団体と交渉し、2023年からフリーエージェントになることで合意したと報じられています。 彼女に処分を下したビンス・マクマホンが引退...

そんな彼女について、WWEは扉を閉ざしたわけではないようです。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、彼女が望みさえすれば、WWEは復帰を受け入れるだろう、とのこと。

ただし、それがいつになるかはまったくわかりませんし、一度金銭面でのすれ違いが生じてしまった以上、復帰交渉は簡単なものにはならないでしょう。彼女が新日本やSTARDOMでの活動でレスラーとしての格を上げれば、要求する金額はさらに上がるかもしれません。

Sasha Banks' greatest moments: WWE Playlist

(Wrestling Observer, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】サーシャ・バンクスの噂がいくつも報じられる陰で…ナオミが重要な決断に直面している
2022年5月、WWEはサーシャ・バンクスとナオミに無期限謹慎処分を課しました。 2人は、当時保持していたWWE女子タッグ王座に関するクリエイティブ上の考えで団体と対立し、番組収録をボイコットしたのです。サーシャは交渉の末20...
【WWE】マンディ・ローズがWWE退団後の心境を明かす。「みんなからの愛やサポートに圧倒された」
先日、WWEはマンディ・ローズを解雇しました。 NXT女子王座を長期保持していた彼女ですが、サブスクサイトで公開していた「きわどい」画像や動画が問題視され、NXTを率いるショーン・マイケルズが彼女からタイトルを剥奪する決断を下...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました