スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンが復帰&団体売却を狙っていると報じられる。動きは既に始まっている

ニュース

2022年12月に復帰を狙っていると報じられていたビンス・マクマホン。

WWEを世界規模の団体に成長させた偉人ですが、彼の手腕は批判されることも多く、2022年に性的非行や不正会計スキャンダルが報じられたこともあって現場から引退していました。

しかし、大株主としてWWEとの関係は続いており、決議権を持つなど今も強い影響力を持っています。

ウォール・ストリート・ジャーナルによる最新の報道によれば、彼は復帰と団体売却を狙っており、2人の元共同社長兼取締役と彼自身を新たな取締役に選出することを団体に伝えたとのこと。これにより、現職の3人の取締役が退任を強いられることになります。

ビンスは取締役会に対して「戦略的見直しプロセスの先頭に立つため」に復帰したいという意志を伝えたそうで、復帰すれば執行役会長としての役割を担うことが予想されていますが、これには取締役会の承認が必要です。ただし、執行役会長に任命されなければ、大株主として「メディア権取引や団体売却へのサポートや承認はしない」とも通告しており、彼が権力を取り戻すことは既定路線に入っている感があります。

取締役会はビンスに対して「見直しプロセスを開始する用意があり、そのためにビンスと協力することを歓迎する」と返答したそうですが、同時に「ビンスの事業復帰は株主にとって最善の利益にはならない」との見解で全会一致しているとのことなので、モメそうです。

ただ、これが団体売却に向けた動きの一つで、それが既に始まっているというのが肝になりそうですね。クリエイティブへの復帰はないかもしれませんが、ビンスの影響力がさらに強くなるかもしれません。

近い将来、NBCがWWEを買収するかも?
アメリカ3大ネットワークの1つであるNBCとWWEは密接な関係があります。 RAWは長年に渡ってNBC系列のUSA Networkで放送されてきましたし、アメリカ国内でのWWE NetworkのコンテンツはNBC系の動画配信プ...
UFCオーナーがWWEの買収に興味を示す
格闘技は世界中に娯楽と夢を提供しています。 総合格闘技団体の最大手であるUFCで活躍することを夢見ている選手は数知れず。そして、UFCでのキャリアは、総合格闘家を引退した後も活きることがあります。プロレス業界最大手のWWEには...
WWEを買収する可能性のある企業として、Amazon、ディズニー、Netflix、FOXらの名前が挙がる
先週金曜日にビンス・マクマホンが引退を発表した後、WWEの株価は上昇を続けています。 ビンス引退前にニック・カーン社長が「売却の誘いはあるが、それに乗ることはない」という趣旨の発言をしており、引退後の報道でも売却に関する話は一...
【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長がロッキー・ロメロに謝罪。「ROHを買収した時はごめん」
AEWのトニー・カーン社長は、団体のプロダクトに関するほぼすべての決定権を持っています。彼が許可しないものは基本的に表に出ることはありません。 AEWはレスラーにクリエイティブの自由を持たせるスタイルの団体なので、レスラーたち...

Mr. McMahon welcomes the WWE Universe home: SmackDown, July 16, 2021

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがWWEセス・ロリンズとの対戦に興味。「俺たちの間の煙は晴れている」
プロレス団体のトップとして活躍するレスラーたちの間には一定のリスペクトがあり、団体同士のクロスオーバーが難しい関係であればあるほど「あのレスラーたちの試合はどうなるだろう」という妄想が楽しいものです。 ファンだけではなく、レス...
ダックス・ハーウッド「メルセデス・モネー(サーシャ・バンクス)とベイリーにはプロレス界を変える存在であり続けてほしい」
新日本プロレス「レッスルキングダム17」にサプライズ登場したメルセデス・モネー(サーシャ・バンクス)。 WWEで大活躍してきた彼女が新日本とSTARDOMに参戦することは各方面に大きなメリットをもたらすことでしょう。WWEスー...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました