スポンサーリンク

ローマン・レインズが語る「ディーン・アンブローズのWWE退団」 / “Fyter Fest”での活躍が認められてフルタイム契約をオファーされたタッグチーム

ニュース インタビュー

ニュースをまとめて紹介。

ローマン・レインズが「ディーン・アンブローズのWWE退団」について語る

2010年代のWWEの中心的存在だったThe Shield。メンバーの1人だったディーン・アンブローズは4月にWWEを退団し、インディ時代の「ジョン・モクスリー」にリングネームを戻してAEWとフルタイム契約しました。新日本プロレスにも参戦したモクスリーはジュース・ロビンソンからIWGP USヘビー級王座を奪い取り、今年のG1 CLIMAXにも参戦します。

友のWWE退団、そしてその後の活動について、ローマン・レインズはSports Illustratedのインタビューの中で次のように語っています。

俺たちの間には友情がある。だから彼のことはいつも応援しているよ。俺はアンブローズ、すなわちモクスリーとたくさんの素晴らしい瞬間を共有してきた。俺たちはレスリングを超えた親愛で繋がっている。それは変わらないさ。

いつかまた2人が同じリングに上がる日がくるかもしれませんね。

(参考: Wrestling Observer)

“Fyter Fest”での活躍が認められてフルタイム契約をオファーされたタッグチーム

6月29日に開催されたAEWの2度目の興行”Fyter Fest”。プレショーに出場した若手タッグチーム「プライベート・パーティ」は、高い身体能力を活かしたアスリートプロレスで観客を魅了しました。副社長のマット・ジャクソンや、実況アナウンサーのジム・ロスもそのパフォーマンスを絶賛しています。

インパクト・レスリングが新日本プロレスの放送局と交渉中 / ジム・ロスが大絶賛するAEWの若手タッグチーム
ニュースをまとめて紹介。 インパクト・レスリングが新日本プロレスの放送局と交渉中 人気を取り戻すために積極的な動きを見せているインパクト・レスリング。AEW創立によってルチャ・ブラザーズを失い、さらにLAXの他団体流出が噂される...

一気に知名度を得た2人は、AEWからフルタイム契約をオファーされたようです。マットは次のように述べています。

試合が終わって、2人がバックステージに戻ってきた時、俺とニックはすぐに彼らに声をかけた。フルタイム契約をオファーしたんだ。あのような、自らをスターにするようなパフォーマンスには報われるだけの価値がある。

あわせて読みたい

WWEの重鎮HHHが語る「来日の理由」「"NXT JAPAN"創立の可能性」
NXTのシニアプロデューサーを務めるHHH。6月28・29日に開催されたWWEの日本公演に合わせて来日し、28日はThe Clubと、29日には中邑真輔とタッグを組んで試合に出場しました。人気・実力に衰えがないことを示したWWEの重鎮が、東...
WWEは「AEWは自滅する」「内部崩壊するだろう」と考えている?
6月29日に2度目の興行"Fyter Fest"を開催したAEW。興行は盛り上がり、評判も上々です。旗揚げ興行"Double or Nothing"に続いて結果を残すことに成功しました。 さて、WWEがAEWの存在を脅威に感じ...
「外道が新日本のブッカーを降りた」という週刊ファイトのスクープをレスリング・オブザーバーとフミ斉藤氏が否定
15日の深夜、世界中のプロレスファンは騒然となりました。週刊ファイトが「Dominionは外道がブッカーを降りてから最初の興行だった」と報じ、それをカクトウログが拡散したのです。 噂はTwitterとRedditを通じて世界中...
タイトルとURLをコピーしました