スポンサーリンク

【NXT VS AEW】メインロースターの力を借りてNXTが初めて視聴者数でAEWを上回る。ただし……

データ

WWE・NXTとAEW・Dynamiteのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。11月第3週、8度目の視聴者数対決の結果が出ています。

レスリング・オブザーバーによれば、11月20日放送分の視聴者数は次の通り。

  • NXT:916,000世帯(前週750,000世帯。22%増)
  • Dynamite:893,000世帯(前週957,000世帯。7%減)

USAネットワーク移行後、NXTが最高の数字を叩き出してDynamiteを上回りました。この日の放送は”Survivor Series”の直前回ということもあり、セザーロや中邑真輔などのメインロースターも参戦していました。話題性でDynamiteを上回ることに成功した形です。

もう1つの重要な数字である18歳から49歳までの視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.3(前週0.25。20%増)
  • Dynamite: 0.39(前週0.43。10%減)

こちらの数字ではDynamiteが相変わらずの強さを見せています。性別・年齢別の数字では、Dynamiteは50歳以上のすべての項目でNXTを上回っているのです。これはDynamiteの放送開始後ずっと続いています。オブザーバーは、50代以上の視聴者にとって馴染み深いメインロースターが多数出演していたため、彼らの興味を引くことができ、視聴者数の勝利に繋がったのではないかと推測しています。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ROHに波乱。現役WOH王者のケリー・クラインが事実上の解雇に。元プロデューサー、ジョーイ・マーキュリーによる一連の告発が原因か?
新日本プロレスとROHの合同興行"G1 SUPERCARD"でスターダムのアイコンこと岩谷麻優とWOH王座のタイトルマッチを行ったケリー・クラインという女子レスラーのことを覚えていますか?彼女はあの試合で同王座を獲得して以来、一度は防衛に失...
ジョーダン・マイルス(ACH)が正式にWWEを退団する
WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的だと告発し、SNSで不満をぶちまけ続けてきたジョーダン・マイルス(ACH)。先日、Twitterアカウント名をACHにも戻した上でWWEからの退団を報告しましたが、これはあくまで彼個人の感情であり、法...
ジム・コルネットが差別発言をきっかけにNWAを去る
人種・同性愛者差別発言が度々話題になるプロレス界の重鎮、ジム・コルネット。彼のソニー・キス(AEW)への差別発言に苛立ったサミ・キャラハンが、MLWでの入場時に解説席にいたコルネットに水をぶっかけたという事件もありました。 ...
タイトルとURLをコピーしました