スポンサーリンク

【WWE】アレックス・シェリーがNXTデビューを振り返る。「長年の夢だった」

ニュース

2010年代前半の新日本プロレスで活躍したタッグチーム”TIME SPLITTERS”(KUSHIDA & アレックス・シェリー)。チーム解散後もKUSHIDAのROH遠征時に再会することはあったものの、チームの復活はありませんでした。

しかし、現地時間1月8日に放送されたNXTで、ダスティ・ローデス杯タッグトーナメントにKUSHIDA & シェリー組が出場することが発表されました。そして10日、ハウスショーで2人がタッグを組んで試合を行い、”TIME SPLITTERS”は再結成を果たしたのです。

【WWE】アレックス・シェリーがNXTデビューを果たす。パートナーはもちろんKUSHIDA
現地時間1月8日放送のNXTでダスティ・ローデス杯タッグ・トーナメントへのエントリーが発表されたKUSHIDA & アレックス・シェリー。NXTで"TIME SPLITTERS"が復活することになりました。シェリーはROHに参戦中で...

シェリーはNXTデビューについてTwitterでこうコメントしています。

言いたいのは、WWE、そしてNXTで試合をすることは長年の夢だったってことだ。私はこれまでの人生の中で何度も辛い出来事を経験してきた。ここ数年間は特にね。でも、みんなそうだろ。もし一人の人間が、こうした経験からインスピレーションと力を引き出すことができたら?勝てる。ありがとう。

2018年、シェリーは引退を宣言しました。その後、彼は離婚し、ホームレス生活を経験したり、大学で心理学を学び直すための学費の支払いやタダ働きなど、様々な辛い体験をしたとインタビューで語っています。これらの発言がどの程度真実なのかは本人にしかわからないことですが、とにかく辛い時期があったことは間違いないようです。

アレックス・シェリーが2018年の引退後にホームレスになっていたことを告白
モーターシティ・マシンガンズの一員としてプロレス界のタッグマッチに旋風を巻き起こした名レスラー、アレックス・シェリー。近年はROHで活動していましたが、理学療法士になるために2018年夏にROHを退団。「ROH側はシェリーが引退したという認...

KUSHIDAとのチームで活動する中で、幸せな時間が増えることを願っています。今の2人に期待されていることは、The Undisputed Eraとの抗争でしょう。元レッドラゴンの2人(ボビー・フィッシュ & カイル・オライリー)とのタッグマッチを見たいです。

あわせて読みたい

【ROH】マーティ・スカルが再契約に合意。ヘッドブッカーも兼任。新日本プロレスへの参戦は?
2019年11月にROHとの契約が切れ、フリーエージェントになっていたマーティ・スカルがROHとの再契約に合意したというニュースが入ってきました。PWInsiderが複数の情報源から確認を取っています。 PWIによれば、スカル...
新日本プロレスとAEWの関係は「考えられていた以上に悪い?」
2020年1月5日に開催された新日本プロレス「レッスルキングダム14」で棚橋弘至と対戦したクリス・ジェリコは、自身が保持するAEW世界王座のベルトを巻いて登場しました。ジェリコは、もし棚橋が試合に勝てば、同王座への挑戦権を与えると宣言。新日...
紫雷イオを手放したくないWWE。引き止めの手段はメインロースター入り?
先日、スターダムの親会社であるブシロードがWWEの紫雷イオとカイリ・セインの獲得を狙っているという話が話題になりました。イオはWWEに不満を抱いており、スターダムに復帰する可能性があるようです。 しかし、WWEにとっては彼女は...
タイトルとURLをコピーしました