スポンサーリンク

【AEW】新タイトル”TNT王座”の初代チャンピオンを決めるトーナメントの開催が発表される

ニュース

2019年5月に旗揚げしたAEWには、AEW世界王座、AEW女子世界王座、AEW世界タッグ王座の3つのタイトルがあります。以前から新たなタイトルの追加が噂されていましたが……。

AEWは、4月以降のDynamiteで「TNT王座」という新タイトルの初代王者の座を賭けたトーナメントを開催すると発表しました。決勝戦は現地時間5月23日に開催予定のPPV”Double or Nothing”で行われます。

TNTはDynamiteを放送しているテレビ局の名前。トーナメントの出場者は8人で、現地時間3月31日に配信されるYoutube番組”AEW Dark”と4月1日のDynamiteで出場者が発表されるとのこと。

AEW社長のトニー・カーンは、新タイトルの追加について次のように語っています。

TNT王座を発表できて嬉しい。最初のタイトル保持者はファンが見逃すことのできないような忘れがたいトーナメントで決定されます。我々のレスラーはその座が欲しくてたまらないでしょう。

トーナメントでどのような試合やストーリーが展開されていくのか、楽しみですね。

ただ、”Double or Nothing”の会場であるラスベガスのMGM Grand Arenaの親会社であるMGM Resortは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月17日からラスベガスの施設の営業を一時的に停止する決定を下しています。”Double or Nothing”を予定通り開催できるのかどうかはわからない状態なのです。

【AEW】5月の"Double or Nothing"開催危機。会場の親会社が全施設の閉鎖を発表
現地時間5月23日に開催が予定されているAEWのPPV"Double or Nothing"。旗揚げ興行の名称が引き継がれる一大イベントということもあり、今から開催を楽しみにしているファンも多いはず。しかし……。 新型コロナウ...

この決定が下されたのは3月15日。2週間が経ったアメリカでは感染拡大に歯止めが効かず、大変な状態です。ラスベガス在住の菊タローによる現地レポートを読むと絶望的な気持ちになります。

ラスベガス在住プロレスラーが語る「新型コロナでカジノの街が死んだ」話
ラスベガスに移住して3年が過ぎた。私はアメリカでプロレスラーをしている。就労ビザの更新で、日本に一時帰国したのは2020年1月21日だった。その頃...

どうなることやら……。

あわせて読みたい

【WWE】HHHが「新型コロナウイルス時代にプロレス番組を続ける理由」を語る
新型コロナウイルスのパンデミックは収まる気配がなく、日本でも状況が変わってきているようです。アメリカでは感染拡大に歯止めが効かず、国別の感染者数は世界一多いという状況です。 そんな中、プロレス業界にできること、特に最大手団体であるWW...
【WWE】ラナがSNSに家族の写真を投稿しなくなった理由を明かす。「一般人はタフじゃない」
WWEスーパースターのラナがThe Matthew Aaron Showに出演し、家族の写真をSNSに投稿しなくなった理由を語りました。 2013年からルセフと行動を共にし、ヒールとしての仕事を日々こなしているラナ。家族の写真...
タイトルとURLをコピーしました