スポンサーリンク

【WWE】ベッキー・リンチがAEWの女性部門を挑発。「我々は別のレベルにいる」

インタビュー

2019年に旗揚げしたAEW。当初から女性部門のブッキングは批判されることが多く、レスラーたちがそうした声に反論することも少なくありませんでした。

【AEW】新チャンピオン、ブリット・ベイカーが語る「女性部門への批判」「AEWでの活動を助けてくれている人」
現地時間5月30日に開催されたPPV「Double or Nothing」で志田光を破り、AEW女子世界王座の新チャンピオンになったブリット・ベイカー。成長を続ける彼女のタイトル奪取には、会場のファンから大きな拍手が送られました。 ...
【AEW】ブリット・ベイカーがWWEへの持論を展開。「何も信用できない」
業界最大手のWWE、新興団体のAEW。アメリカのプロレス界ではこの2団体の話題が中心です。 それぞれの団体に特徴があり、どう思うかは人それぞれ。AEW女子世界王座チャンピオンのブリット・ベイカーは、WWEに対して否定的な意見を...

しかし、男性部門と比べると盛り上がりに欠けるのは事実。ブリット・ベイカー&サンダー・ロサ、志田光&セリーナ・ディーブといった名抗争はあるものの、部門全体を見るとWWEと比べ見劣りしてしまいます。

それはWWE側から見ても同じ。Podcast番組「Drew Garabo Live Featured Cut Of The Day」にゲスト出演したベッキー・リンチは、AEWの女性部門について率直な意見を述べました。

「良いよね」と言いたいところではあるけど、残念なことに、彼女たちが我々のように演出されているとは思えないよね。番組への出演時間も短いし、私たちの方が上でしょ。RAWの女性部門は世界一だよ。何のためらいもなくそう言える。

競争は素晴らしい。向こうにはルビー・ソーホー(ルビー・ライオット)という良き友達がいて、彼女には世界チャンピオンになってほしいと思うよ。ふさわしいスポットライトに照らされてほしいね。競争はいいことだけど、私たちは別のレベルにいるから。

AEWも負けていられません。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【新日本プロレス】内藤哲也がAEWとの合同興行「Forbidden Door」を語る。「向こうから『内藤と戦いたい!』と叫んでくる」
現地6月26日にシカゴで開催される新日本プロレスとAEWの合同興行「Forbidden Door」。 アメリカでは新日本のトップレスラーの試合を目にすることが少ないので、アメリカのファンはこのイベントのことを心待ちにしています...
WWE時代のブレイ・ワイアットの年収は超高額。獲得できる団体はわずか
2021年にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。 長年に渡ってファンを楽しませてきたパフォーマーでしたが、様々な要因が重なって解雇に至ったとされています。そのうちの1つにコストカットがありました。この年、WWEは所属選手や...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました