スポンサーリンク

ジョニー・ガルガノがWWEとAEWを比較。「HHHのことはみんな大好き。両団体には良いところも悪いところもカーンもある」

インタビュー

HHHがWWEのクリエイティブの責任者となったことで、メインロースター昇格後にうまくいかなかった、あるいはうまくいかないと判断して退団した元NXTロースターがメインロースターとして活躍できる兆しが見えてきました。

紫雷イオはリングネームを「Iyo Sky」へ変更して昇格し、2022年4月にリリースされたダコタ・カイもカムバック。HHHの舵取りはビンス・マクマホン時代とは方向性が異なるかもしれません。

【WWE】退団の噂もあった紫雷イオがSummerSlamに登場。リングネームも「Iyo Sky」へ変更。脱ビンス、HHH時代の幕開けを象徴
まもなくWWEとの契約が満了するとされていた紫雷イオ。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、彼女はこれを機に日本へ帰る可能性が高いと報じていましたが、今日開催されたPPV「SummerSlam」にイオが登場したこと...

こうした状況で、トップフリーエージェントの1人であり、HHH時代のNXTで大活躍していたジョニー・ガルガノがWWEとAEWを比較しました。

HHHのことはみんな大好きだよ。今、俺は休みを取っているけど、おかげで腰を据えて深く考える時間ができている。(2021年12月のWWE退団後に)即決断していたら、何が起こったか誰にもわからない。腰を据えて、何が起こるかを見て、それに基づいて決断しよう、と自分に言い聞かせているんだ。

WWEにもAEWにも好きなところはある。良いところも悪いところも、カーン社長もいるし(WWEはニック・カーン社長、AEWはトニー・カーン社長)。どっちも良いところだと思うな。

ガルガノは小柄なタイプなので、ビンス時代のWWEではメインロースターの中心として活躍する見込みがあまりありませんでした。しかし、HHH率いるこれからのWWEなら…。決断を急ぐことはありません。キャンディス・レラエとの間に生まれた子どものこともありますし、じっくり考えてから決断してほしいです。

【WWE】トマソ・チャンパが盟友ジョニー・ガルガノへの思いを語る。「親友たちが去っていった。寂しいが、この世界はそういうもの」
NXTの中心選手として長年に渡って活躍していたトマソ・チャンパとジョニー・ガルガノ。#DIYの相棒として、そして名勝負製造機としてファンを熱狂させていた2人は、現在は違う道を歩んでいます。 チャンパはメインロースターに昇格し、...

The best of Johnny TakeOver: WWE Playlist

あわせて読みたい

【WWE】首の骨折で欠場中のビッグE。怪我の要因となったリッジ・ホランドについてどう考えているのか?
2022年3月に放送されたSmackDownの中で、リッジ・ホランドが場外で仕掛けたスープレックスを首で受けてしまい、首を骨折してしまったビッグE。 脳卒中や麻痺、そして死をギリギリのところで回避した彼の回復状況はまだまま道半...
【WWE】トラクターを運転するブロック・レスナー VS ローマン・レインズの試合をプロデュースしたのは誰?
PPV「SummerSlam」のメインイベントは規格外の試合でした。 ローマン・レインズとブロック・レスナーによるシングルマッチは、試合中にレスナーがトラクターを駆使して戦うという信じられない光景が繰り広げられるなど、大きな話...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました