スポンサーリンク

【WWE】ショーン・マイケルズが語る「NXT2.0を率いる立場としての日々」

インタビュー

2021年9月にHHHが心臓病で倒れた後、ビンス・マクマホンとブルース・プリチャード(RAW & SmackDownのエグゼクティブ・ディレクター)がNXTのクリエイティブを担当することになると報じられたことがありました。

実際にはビンスではなくショーン・マイケルズとプリチャードがNXTを率いているようですが、HHH時代をよく知るHBKが今もNXTのトップに立っているというのは頼もしいことですね。

【WWE】NXTプロデューサーのショーン・マイケルズがHHHのクリエイティブ責任者就任を祝福。「NXTとのワンツーパンチを」
2021年秋にブランドの再構築を図ったNXT。 そのタイミングでHHHが病気療養することになり、彼の代わりにショーン・マイケルズがブランドの指揮を執るようになりました。現在、NXTを率いているのは彼とブルース・プリチャード(R...
【WWE】団体内ミーティングで、ビンス・マクマホン & ブルース・プリチャードによるNXTプロデュースの噂が否定される
先日、レスリング・オブザーバーは「今後、ビンス・マクマホンとブルース・プリチャードがNXTをプロデュースする」と報じました。 2人はブランドの大きな決定に関わり、マーケティングやプロモーションを担当するとされていました。NXT...

Bleacher Reportによるインタビューの中で、彼はNXT2.0を率いる立場としてのやりがいや奮闘ぶりを語りました。

HHHがここから去った後、俺がすべてを引き継いだんだ。テレビ番組に関連することについては、だけどね。マット・ブルーム(ジャイアント・バーナード)がヘッドコーチとしてパフォーマンスセンターのいろんなことの面倒を見ている。

ただ、NXT2.0というテレビ番組については、俺と俺のチームがクリエイティブを引き継いだ。多くの人は、ビンスとブルースがやっていると思っていたみたいだけどね。彼らにはNXTに携わる時間はなかったよ。良いか悪いかは別として、俺が責任者だ。

あの番組を運営し、才能ある人たちと一緒に仕事をできるのは本当に楽しいね。みんな苦しい立場に立たされたこともあったけど、そこからWWEのやり方を学ぶこともできる。俺にとっては、それこそが選手育成のあり方の1つだと思うしね。物事は常に変化するんだ、ということを学び、そこに適応していくことで成長できる。ショーは常に続くんだ。厳しい試練だったと思うけど、素晴らしい経験にもなったはずだよ。

AEWとのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に敗れ、HHHが病気で去った。番組はリブランディングを図り、それまでとはやり方が変わった。大変なことだったと思いますが、それでも番組をまとめているHBKの手腕は団体内でも高く評価されています。

(BR)

あわせて読みたい

【WWE】HHH新体制の発足でブレイ・ワイアット復帰の可能性が浮上したと報じられる
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。 高額な年俸やパフォーマンスの問題から解雇されたと報じられたこともありましたが、最高責任者ビンス・マクマホンとの複雑な関係も影響していたとされており、ビンス体制での復帰は...
【AEW】ダンハウゼンが語る「吾輩とオレンジ・キャシディによる新しいプロレスファン層の開拓」
2019年に設立されたAEWはスポーツライクなプロレスを標榜しており、副社長に就任したCodyやヤング・バックス、ケニー・オメガがインタビューで団体の特徴を「アスレチック」だと発言していたこともありました。 それだけに、無気力...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました