スポンサーリンク

カイリー・レイがついにWWEのリングに上がる。AEW初期メンバー

ニュース

女性プロレスラー、カイリー・レイのキャリアは前途多難です。

ベビーフェイスとしての才能を持ちながらも、彼女は精神的な問題を抱え、苦闘を続けてきました。2019年にはAEWと契約し、初期メンバーとして旗揚げ興行「Double or Nothing」に出場。しかし、「個人的な理由」から6月に退団を申し入れ、再びインディシーンへと戻りました。

その後契約したインパクト・レスリングでも精神面で苦しみ、PPVへの出場をドタキャンするという事件も起こしています。引退宣言もありました。それでも彼女はプロレスラーとしての人生を捨てきれず、リングに戻ったのです。

AEW初の退団者となったカイリー・レイが、精神疾患を抱えていること、そしてその対処法について語る
AEWと契約し、旗揚げ興行"Double or Nothing"にベビーフェイス・レスラーとして出場したものの、理由が明かされないまま退団してしまった女子レスラー、カイリー・レイ。現在は再びインディシーンで活動している彼女が、Instagr...
【Impact】カイリー・レイが突然の引退宣言。「もうプロレスラーではありません」
現地時間10月24日に開催されたインパクト・レスリングのPPV"Bound For Glory"。女性レスラーのカイリー・レイはインパクト・ノックアウト王座に挑戦する予定でしたが、当日会場に姿を現しませんでした。 団体に無断の...
カイリー・レイが現役復帰へ。インパクト・レスリングからの失踪、引退宣言を乗り越え
女性プロレスラーのカイリー・レイは、様々な理由でキャリアをストップすることが少なくありません。2019年にAEWと契約し、旗揚げ興行「Double or Nothing」に出場した後、2度目の出番を迎える前に退団を決意。明確な原因は明かして...

先日、彼女はWWEのトライアウトに参加していたことが報じられました。一時はインディシーンからのスカウティングを停止していたWWEですが、HHHが現場の責任者に就任した後は方針を転換し、再びインディシーンに目を向けています。

報道によれば、現地12月12日に開催されたRAWに先駆けて収録されたMain Eventの収録に、彼女の姿があったそうです。ダナ・ブルックとの試合は近日中に公開されるとのこと。リングネームは「ブリアナ・レイ」。これがトライアウトの一環なのか、本契約を結んだのかどうかはわかっていません。

リング外での苦闘をくぐり抜け、ついにWWEのリングへ。活躍してほしいですね。

Full Entrance of Kylie Rae at Double or Nothing 2019

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンが2022年1月のウィリアム、リーガル卿解雇時に彼の他団体移籍をサポートしていたことが明らかに「絶対行け」
2022年1月、WWEはHHH時代のNXTで主要な枠割を演じていたスタッフたちを解雇しました。その中には、GMを務めたウィリアム・リーガル卿も含まれていました。 3月、彼はライバル団体のAEWへ移籍。ジョン・モクスリーやブライ...
【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長が「Forbidden Door II」開催の可能性に言及。「前回の大成功は続編の存在を意味する」
2022年5月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」は非常に評判の良いイベントでした。 多くの名勝負が行われ、柴田勝頼の登場というサプライズも日本のファンを沸かせたものです。第二弾の開催が...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました