スポンサーリンク

【AEW】Codyが新日本プロレスを含む他団体との「本格的な提携」に懐疑的な姿勢を示す

ニュース

2020年、AEWは他団体との交流に乗り気な姿勢を見せています。NWA所属のサンダー・ロサが志田光の持つAEW女子世界王座に挑戦したのはその一例です。また、新日本プロレスとの関係についても、社長のトニー・カーンは「よくなるかもしれない」と語っており、将来的な提携の可能性を否定していません。

しかし、副社長のCodyは、他団体と本格的に提携し、DynamiteやPPVに他団体レスラーが積極的に登場するような状況にはしたくないと考えているようです。

本格的に他団体と提携してショーを開催することはないと思ってる。我々は自分たちのブランドに強い誇りを持っているんだ。でも、関係性という点では決して扉を閉じることはないよ。橋は架けないけどね。

(今後の)日本プロレスとの仕事上の関係について話している人たちがいて笑っちゃったよ。もう関係を持っているのは明らかだからね。ジョン・モクスリーとクリス・ジェリコが新日本に参戦しているじゃないか。ビリー・コーガン(NWAオーナー)とトニー・カーンは連絡を取っている。サンダー・ロサの参戦はその典型例だ。

先週の番組に棚橋弘至が出演したのはとても良かった。ぜひ試合をしたいと思っていたんだけど、一度もシングルマッチの機会がなかったんだよね。将来的にはそういう機会があるかもしれない。ただ、扉は開いているけど、橋は架からない。

AEWはあくまでAEWとしてやっていく、という強い意志を感じます。他団体、特に新日本との提携を待ち望んでいるファンは少なくありませんし、Codyが棚橋と試合をする機会があるかもしれないと語っているように、AEW側には新日本所属レスラーとの試合を望んでいるレスラーがいます。

サンダー・ロサのような形で棚橋やオカダ・カズチカがAEWに参戦する可能性はゼロじゃない、ということが明言されただけでもファンとしては嬉しいです。

ジェフ・コブと新日本プロレス & AEWの関係はどうなっているのか?
2020年2月にAEWに参戦し、ジョン・モクスリーとシングルマッチを行ったジェフ・コブ。2019年末でROHとの契約が切れ、現在はフリーエージェントとされている彼と各団体の関係はどうなっているのでしょうか? 先日、コブはインタ...

(参考: Cultaholic)

あわせて読みたい

ジョーイ・ライアンがインパクト・レスリングを相手取り1000万ドルの訴訟を起こす
PWInsiderは、元インパクト・レスリングのジョーイ・ライアンがインパクトの親会社Anthem Wrestling LLCを相手に1000万ドルの訴訟を起こしたことを報じました。 ライアンは2019年1月にインパクトと2年...
【WWE】下顎骨骨折のフィン・ベイラーが手術を受ける
現地時間10月4日に放送されたNXTのPPV"Takeover 31"でカイル・オライリーを相手にNXT王座の防衛戦を行ったフィン・ベイラー。 王座防衛には成功したものの、試合中に下顎骨を2箇所骨折してしまいました。 ...
タイトルとURLをコピーしました