スポンサーリンク

【WWE】現場復帰後のHHHはマラカイ・ブラック以外のAEWロースター、FTRやアンドラーデにも声をかけた?

ニュース

ビンス・マクマホンが引退し、HHHがクリエイティブの責任者になった後、ビンス体制下でWWEを退団した一部の選手たちが団体に復帰するという出来事がありました。

報道によれば、WWEはAEWに移籍した元NXTロースターたちにも声をかけ、トニー・カーン社長が不快感を覚えたとされています。先日AEWから退団したマラカイ・ブラックはWWEが接触したレスラーの1人と見られており、彼はWWE復帰を望んでいるようです。

AEW退団のマラカイ・ブラックはWWEへの復帰を望んでいると報じられる
PPV「ALL OUT」の後、AEWへリリースを要求して受け入れられ、退団したマラカイ・ブラック。 ブッキングへの不満やプライベートでの問題など、様々な要因が相まって退団に至ったとされています。また、彼は退団に向けた団体とのや...
マラカイ・ブラックがAEWへのリリース要求を認める。「約束が守られない、ということが重なった結果」
2021年にWWEから退団してAEWへ移籍したマラカイ・ブラック。 ユニット「House of Black」のリーダーとして活動していましたが、ブッキングへの不満や私生活の問題を抱えており、AEWへリリースを要求したと報じられ...

当然、WWEが声をかけたAEWロースターは彼だけではありません。レスリング・オブザーバーの掲示板で、あるユーザーが「WWEはバディ・マシューズ、キース・リー、アダム・コール、カイル・オライリー、アンドラーデに声を書けたのではないか」と投稿したところ、ライターのライアン・フレデリックが「WWEはマシューズに声をかけた。アンドラーデにも接触した可能性が高い」という旨の返信を投稿したのです。コールとオライリーに関しては、8月に退団したボビー・フィッシュが「一緒にWWEへ戻ろう」と2人を説得し、断られたとされています。また、アンドラーデはAEWのブッキングに不満を持っているという根強い噂があります。

【AEW】退団したボビー・フィッシュがアダム・コール & カイル・オライリーに「WWEへ戻ろう」と説得していたと報じられる
2022年8月末にAEWとの契約を満了して退団したボビー・フィッシュ。 彼はWWEのクリエイティブ責任者に就任したHHHのことを非常に慕っており、AEW在籍中に「彼のためなら毎日でも戦争に身を投じる」と発言したこともありました...
【AEW】アンドラーデとミロがブッキングに不満?ファンの「WWE時代の方が良かった」というツイートに「いいね!」
WWEで機会に恵まれなかった実力者がAEWへ移籍する。2020年以降珍しくなくなったこの光景は、すべてのレスラーを幸せにしているわけではありません。 アンドラーデ、ミロ、PAC、マラカイ・ブラックといったレスラーたちはAEWで...

Fightfulによれば、FTR(ダックス・ハーウッド & キャッシュ・ウィーラー)とスワーブ・ストリックランドにも接触があったとのこと。3人ともAEWでの活動に満足していそうですし、ブラックやフィッシュとは状況が異なります。また、AEWとの契約がかなり残っているため、現時点でWWEへの復帰を検討しているかはわかりません。

Andrade El Idolo & Rush Reunite as a Tag Team | AEW Dynamite: Quake by the Lake, 8/10/22

(Wrestling Observer, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】The Good Brothers(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)がインパクト・レスリングを去る。「またな」
初期Bullet Clubの重要人物だったカール・アンダーソンとドク・ギャローズ。 2人のタッグチームは協力で、タッグタイトルを常に争ってきました。2020年にWWEから退団した2人はインパクト・レスリングと契約し、AEWにも...
CMパンクのAEW復帰は叶わない?契約バイアウトの可能性が指摘される
バックステージでヒートを溜めた後、副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)と大喧嘩を演じて出場停止処分を受けたAEW所属のCMパンク。 喧嘩の前に行われたPPV「ALL OUT」でのジョン・モクスリー戦に勝利した彼はAE...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました