スポンサーリンク

【AEW】各部門のトップ5ランキングが更新される。PAC、志田光、ルチャ・ブラザーズが1位に

データ

AEWはレスラーの勝敗成績を重視し、ブッキングに反映させる方針を取っています。毎週発表されている各部門のトップ5ランキングが更新されましたので、紹介します。このランキングは各部門でのシングル・タッグ成績だけでなく、複数人試合の成績にも影響されている複合的なものです。

男性部門

  1. PAC(シングル: 4勝1負 全体: 4勝2負 前週1位)
  2. Cody(シングル: 3勝1負 全体: 4勝2負 前週2位)
  3. “ハングマン”アダム・ペイジ(シングル: 4勝3負 全体: 5勝5負 前週3位)
  4. ジョン・モクスリー(シングル: 2勝0負 全体: 2勝1負 前週4位)
  5. ケニー・オメガ(シングル: 3勝2負 全体: 6勝4負 前週ランク外)

女性部門

  1. 志田光(シングル: 3勝1負 全体: 4勝1負 前週2位)
  2. ブリット・ベイカー(シングル: 3勝2負 全体: 6勝3負 前週1位)
  3. さくらえみ(シングル: 1勝1負 全体: 2勝3負 前週3位)
  4. ナイラ・ローズ(シングル: 2勝3負 全体: 3勝3負 前週4位)
  5. アリー(シングル: 1勝2負 全体: 3勝2負 前週5位)

志田光が1位に。こちらも顔ぶれは先週と同じです。

タッグ部門

  1. ルチャ・ブラザーズ(タッグ: 4勝3負 前週1位)
  2. ヤング・バックス(タッグ: 4勝3負 前週3位)
  3. プライベート・パーティ(タッグ: 4勝4負 前週ランク外)
  4. Proud-N-Powerful(タッグ: 2勝1負 前週2位)
  5. ダーク・オーダー(タッグ: 3勝2負 前週5位)

若手チームのプライベート・パーティが返り咲き。ベスト・フレンズがランク外に押し出されました。ルチャ・ブラザーズは3週連続の1位です。

【AEW】最新の各部門トップ5ランキング。PAC、ブリット・ベイカー、ルチャ・ブラザーズが1位に
レスラーの勝敗成績を重視し、ブッキングに反映させる方針を取っているAEWは、毎週各部門のトップ5ランキングを発表しています。各部門でのシングル・タッグ成績だけでなく、複数人試合の成績にも影響されている複合的なランキングです。 ...
AEWが各部門のトップ5ランキングを発表。Cody、さくらえみ、ルチャ・ブラザーズが1位に
AEWはレスラーの勝敗記録を重視する方針をとっており、成績がブッキングに反映される傾向があります。例えば、現地時間11月9日開催のPPV"Full Gear"でAEW世界王者のクリス・ジェリコに挑戦するCodyは、Dynamite放送開始前...

あわせて読みたい

ROHに波乱。現役WOH王者のケリー・クラインが事実上の解雇に。元プロデューサー、ジョーイ・マーキュリーによる一連の告発が原因か?
新日本プロレスとROHの合同興行"G1 SUPERCARD"でスターダムのアイコンこと岩谷麻優とWOH王座のタイトルマッチを行ったケリー・クラインという女子レスラーのことを覚えていますか?彼女はあの試合で同王座を獲得して以来、一度は防衛に失...
【NXT VS AEW】メインロースターの力を借りてNXTが初めて視聴者数でAEWを上回る。ただし……
WWE・NXTとAEW・Dynamiteのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。11月第3週、8度目の視聴者数対決の結果が出ています。 レスリング・オブザーバーによれば、11月20日放送分の視聴者数は次の通り。 ...
マーク・ヘンリーがジム・コルネットの差別発言騒動にコメント。謝るか、レイシストだと認めるか
NWAのウィークリー番組"Powerrr"の放送中、人種差別・貧困者差別発言を行ったことでNWAを去ることになってしまったプロレス界の重鎮ジム・コルネット。 トレバー・マードックはフライドチキンのバケツを背負ってスクーター...
タイトルとURLをコピーしました